レクサスRC F(FR/8AT)

“正しい”スポーツクーペ 2015.02.10 試乗記 「笑顔になれるスポーツカー」をキーワードに開発したという、レクサスのハイパフォーマンスモデル「RC F」。乗ってみたら、どうだった? その実像を報告する。

キモはセクシーなV8エンジン

いきなり結論から入ると、レクサスRC Fは非常にすばらしいスポーツクーペだ。どれくらいすばらしいかというと、個人的には、買うなら「BMW M4」よりこっち! と思うほどすばらしい。

最大の魅力は、5リッターV8自然吸気エンジンにある。
スポーツカーの魅力の源泉は、1にエンジン、2にカッコにあると確信する。エンジンこそ命だ。すばらしいエンジンをブチ回し、その燃焼を肌で感じる瞬間がスポーツカーの醍醐味(だいごみ)だよね。

もちろんハンドリングに重心を置く方もいらっしゃるだろう。しかし私はエンジンが好きだ。好きだというのも変だがエンジンフェチなのです。エンジンはクルマを7割くらい決定する。クルマはエンジンさえよければいい。フェラーリの魂はエンジンにある。エンジンさえよければ直進安定性なんかどうでもいい。ブレーキなんて利かなくたっていい。そう書くと極端ですが、そういう極端なエンジンフェチの私からすると、レクサスRC Fの5リッターV8自然吸気エンジンは、世界のスポーツクーペの中で、かなり上位にくるセクシーさがある。

実を言うとセクシーなのは5000rpmより上だけで、フツーに走らせているとまったくフツーのエンジンに感じる。静粛性も高すぎるし、ただのオッサングルマにすら思えてくる。
それが、アクセルを床まで踏み抜いてエンジンをブチ回すと、「ダリュリュリュリュリュッ~~~~」と咆哮(ほうこう)しまくって、この世で最もゼイタクな、大排気量自然吸気エンジンのパワーの高まりをビンビン感じることができるのだ。それとシンクロするわが魂の燃焼。「このまま死んでもいい」と思うこの瞬間がスポーツカーだよね。

477psの高出力を発生する、5リッターV8エンジン。燃焼効率を追及した結果、排気量にして4.2リッター相当の燃費を実現したとアピールされる。
477psの高出力を発生する、5リッターV8エンジン。燃焼効率を追及した結果、排気量にして4.2リッター相当の燃費を実現したとアピールされる。
人とクルマの一体感を念頭にデザインしたというコックピット。トランスミッションはシフトパドル付きの8段ATのみとなる。
人とクルマの一体感を念頭にデザインしたというコックピット。トランスミッションはシフトパドル付きの8段ATのみとなる。
「RC F」専用デザインのメーター。走行モードの変更などにより、中央のグラフィックが切り替わる。(画像をクリックすると表示バリエーションが見られます)
「RC F」専用デザインのメーター。走行モードの変更などにより、中央のグラフィックが切り替わる。(画像をクリックすると表示バリエーションが見られます)
レクサスのスポーティーなイメージをけん引する役目を担う、高性能クーペ「RC F」。2014年10月に発売された。
レクサスのスポーティーなイメージをけん引する役目を担う、高性能クーペ「RC F」。2014年10月に発売された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RC Fの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る