レクサスRC F(FR/8AT)

“正しい”スポーツクーペ 2015.02.10 試乗記 「笑顔になれるスポーツカー」をキーワードに開発したという、レクサスのハイパフォーマンスモデル「RC F」。乗ってみたら、どうだった? その実像を報告する。

キモはセクシーなV8エンジン

いきなり結論から入ると、レクサスRC Fは非常にすばらしいスポーツクーペだ。どれくらいすばらしいかというと、個人的には、買うなら「BMW M4」よりこっち! と思うほどすばらしい。

最大の魅力は、5リッターV8自然吸気エンジンにある。
スポーツカーの魅力の源泉は、1にエンジン、2にカッコにあると確信する。エンジンこそ命だ。すばらしいエンジンをブチ回し、その燃焼を肌で感じる瞬間がスポーツカーの醍醐味(だいごみ)だよね。

もちろんハンドリングに重心を置く方もいらっしゃるだろう。しかし私はエンジンが好きだ。好きだというのも変だがエンジンフェチなのです。エンジンはクルマを7割くらい決定する。クルマはエンジンさえよければいい。フェラーリの魂はエンジンにある。エンジンさえよければ直進安定性なんかどうでもいい。ブレーキなんて利かなくたっていい。そう書くと極端ですが、そういう極端なエンジンフェチの私からすると、レクサスRC Fの5リッターV8自然吸気エンジンは、世界のスポーツクーペの中で、かなり上位にくるセクシーさがある。

実を言うとセクシーなのは5000rpmより上だけで、フツーに走らせているとまったくフツーのエンジンに感じる。静粛性も高すぎるし、ただのオッサングルマにすら思えてくる。
それが、アクセルを床まで踏み抜いてエンジンをブチ回すと、「ダリュリュリュリュリュッ~~~~」と咆哮(ほうこう)しまくって、この世で最もゼイタクな、大排気量自然吸気エンジンのパワーの高まりをビンビン感じることができるのだ。それとシンクロするわが魂の燃焼。「このまま死んでもいい」と思うこの瞬間がスポーツカーだよね。

477psの高出力を発生する、5リッターV8エンジン。燃焼効率を追及した結果、排気量にして4.2リッター相当の燃費を実現したとアピールされる。
477psの高出力を発生する、5リッターV8エンジン。燃焼効率を追及した結果、排気量にして4.2リッター相当の燃費を実現したとアピールされる。
人とクルマの一体感を念頭にデザインしたというコックピット。トランスミッションはシフトパドル付きの8段ATのみとなる。
人とクルマの一体感を念頭にデザインしたというコックピット。トランスミッションはシフトパドル付きの8段ATのみとなる。
「RC F」専用デザインのメーター。走行モードの変更などにより、中央のグラフィックが切り替わる。(画像をクリックすると表示バリエーションが見られます)
「RC F」専用デザインのメーター。走行モードの変更などにより、中央のグラフィックが切り替わる。(画像をクリックすると表示バリエーションが見られます)
レクサスのスポーティーなイメージをけん引する役目を担う、高性能クーペ「RC F」。2014年10月に発売された。
レクサスのスポーティーなイメージをけん引する役目を担う、高性能クーペ「RC F」。2014年10月に発売された。
関連記事
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • レクサスRC F(FR/8AT)/RC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2014.11.17 試乗記 477psのV8エンジンを搭載する、レクサスの新型ハイパフォーマンスクーペ「RC F」に試乗。V6エンジンのスポーティーモデル「RC350“Fスポーツ”」とあわせて、その“走りっぷり”を報告する。
  • レクサスRC200t“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.7 試乗記 レクサスのスポーツクーペ「RC」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載する「200t」が登場。価格の面ではRCのエントリーグレードに位置づけられるものの、試乗してみれば、それは驚くほど“スポーツ度”の高いモデルだった。
  • レクサスRC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2015.1.20 試乗記 300psオーバーのV6エンジンと、後輪操舵(そうだ)をはじめとした高度なシャシー制御技術が自慢の「レクサスRC350“Fスポーツ”」を、高速道路やワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションでチェック。印象に残ったのは刺激ではなく、むしろ……。
  • レクサスRC300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2014.12.29 試乗記 レクサスブランド待望のミドルクラスクーペ「RC」。わが国における一番人気のモデルは「RC300h」という。熟成を重ねるレクサス・ハイブリッド・ドライブは、“ラジカル・クーペ(RC)”の名にふさわしい走りをもたらすだろうか。最上級グレードの“バージョンL”に試乗した。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
ホームへ戻る