ダイハツ・ウェイクL“SA”(FF/CVT)

挑戦の産物 2015.02.11 試乗記 軽自動車の枠内で、徹底的に広さを追求した「ダイハツ・ウェイク」。「タント」をもしのぐ車内空間の代償とは?

走るイナバ物置

3395×1475×1835mm。
横倒ししたらWRカーにちょうどよさそうなディメンションを、わざわざ立てて使っている。この三寸の数字をみるに、外国の人はにわかにクルマのものとは思えないだろう。全高と全幅の比率でいえば、標準ルーフの「トヨタ・ハイエース」も軽く上回るというのだからダイハツ・ウェイク、もうその成り立ちからして異質も異質。常軌を逸した衝撃がある。もし建物ならとても住専地域には建てられそうにない容積率だ。

後席に座ればあろうことか「ロールス・ロイス・ファントム」より広いと思わせる空間を有するタントを元ネタに、そのブラックホールのような前後席間をちょっと詰めたぶん後端の荷室を広げ、天井高をさらに上げることでゴルフバッグや自転車の縦載せ、あるいは釣りざおなど長尺物の頭上差し込みにも余裕をもたせる。ウェイクはいわば乗るより積む側に力点を置いたクルマだ。活用例を示したカタログの写真をみていると、それはさながら走るホームセンターだ。月極め駐車場に置ける、車輪のついたイナバ物置と考えれば街場暮らしの身にも途端に魅力的に映る。

だったら「ダイハツ・アトレー」や「スズキ・エブリイ」のようなワンボックスタイプでもいいんじゃない? と思うところにあえて5ナンバー乗用なりの商品性を持たせたというところがウェイクの立ち位置というところになるだろう。積めて走れればいいってもんじゃない、見栄えやくつろぎも大事という人々のために贈る限界容量ワゴン。客筋としては狭そうにみえるが、今や年間250万台をうかがう軽の総需は、こんな隙間狙いの車種も受け止めるだろうということだろうか。

ルーフを高くすることで「ダイハツ・タント」を上回る車内空間を確保した「ウェイク」。1835mmという全高は、5ナンバーの箱型ミニバンに匹敵する。
「ウェイクL“SA”」のインテリア。助手席側の大型インパネトレイをはじめとした、豊富な収納スペースも「ウェイク」の特長となっている。
フロントグリル内に設置されたレーザーセンサー。緊急自動ブレーキや誤発進抑制制御機能などからなる予防安全装備「スマートアシスト」は、全グレードで選択が可能。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場 2016.9.7 特集 ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。
  • 「日産セレナ」に生誕25周年を記念した特別仕様車 2016.11.30 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月30日、「セレナ」の生誕25周年を記念した特別仕様車「25thスペシャルセレクション」を設定し、販売を開始した。2017年3月末までの期間限定販売となる。
ホームへ戻る