MINIクーパーD ペースマン(FF/6AT)

一族きってのグランドツアラー 2015.02.12 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「MINIクーパーD ペースマン」に試乗。強力なトルクと、しっかりストロークするサスペンションが織りなす走りに触れた。

欧州ではディーゼルが規制の対象に

MINIクーパーD ペースマンの取材は2014年末、先にインプレッションを紹介した「ルノー・ルーテシア ゼン」の試乗会と同じ日に行われた。それはパリ市長が、2020年までに市内へのディーゼルエンジン車の乗り入れを禁止すると表明した翌週だった。
試乗会場でもこの話題が出たけれど、戸惑っている人が多かった。当然だろう。多くのクルマ好きは、ディーゼルは環境に優しいという欧州の主張を支持しており、東京都が1999年から展開した「ディーゼル車NO作戦」に反感を抱いていた。なのに今回はヨーロッパの中でもディーゼル比率が高いフランスがNOを宣言したのだ。

誤解が戸惑いを生んだと個人的には思っている。東京都はすべてのディーゼルがNOとは言っていない。当時は欧州の排出ガス規制に比べて緩かった粒子状物質(PM)を厳しく規制し、クリーンディーゼルエンジンの開発や低硫黄軽油の供給を求めたというのが真実だ。そもそもディーゼルそのものがNOだったら、今回の取材が成立しない。
それにパリの表明以前に、ディーゼル規制を実施した国が欧州に存在する。ドイツだ。2007年からベルリンなど主要都市で「環境ゾーン」を導入。PM排出量の多い古いディーゼルは、DPF(微粒子除去フィルター)を装着しなければゾーン内の通行ができなくなった。東京のルールに近い。『webCG』でもリポートを掲載している。

ディーゼルはガソリンに比べてCO2排出量が少ない。だから欧州では環境に優しいと主張されていたのに対し、日本ではPM排出量が多いことから健康に影響ありと判断された。どちらも正論だ。それが、今日では欧州の都市部で規制という動きが起こり、日本ではクリーンディーゼルが普及しはじめている。クルマにとって追い風とはいえない時代だからこそ、お互いを理解する姿勢が大事だ。

今回試乗した「MINIクーパーD ペースマン」のインテリア。オプション設定の、クロムやピアノブラックの加飾パーツが採用されている。
今回試乗した「MINIクーパーD ペースマン」のインテリア。オプション設定の、クロムやピアノブラックの加飾パーツが採用されている。
「クーパーD ペースマン」のシートは全4種類の中から選択が可能。テスト車にはオプション設定の「レザーグラビティーシート」が装備されていた。
「クーパーD ペースマン」のシートは全4種類の中から選択が可能。テスト車にはオプション設定の「レザーグラビティーシート」が装備されていた。
リアシートはセパレートタイプの2人乗り。5:5の分割可倒機構が備わっている。
リアシートはセパレートタイプの2人乗り。5:5の分割可倒機構が備わっている。

MINIクーパーD ペースマン(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIペースマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパー ペースマン ALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2014.5.20 試乗記 「MINI ペースマン」に4WDの新グレードが登場。“ちょっと非力”だからこそ味わえるMINIならではの走りとともに、あらためてペースマンの魅力に触れた。
  • MINIクーパーD ペースマン(FF/6AT)【試乗記】 2015.2.12 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「MINIクーパーD ペースマン」に試乗。強力なトルクと、しっかりストロークするサスペンションが織りなす走りに触れた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンup! GTIコンセプトカー 2017.5.26 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年5月24日(現地時間)、南オーストリアのヴェルター湖畔で開催されている「GTIミーティング」で「up! GTIコンセプトカー」(3ドア)を公開した。その姿を画像で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】NEW 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る