メルセデス&AMGはバリエーション豊富【東京モーターショー2011】

2011.12.02 自動車ニュース
メルセデス・ベンツのブース。AMG、スマート、マイバッハの各ブランドも併せて展示された。
メルセデス&AMGはバリエーション豊か【東京モーターショー2011】

【東京モーターショー2011】メルセデス&AMGはバリエーション豊富

2011年11月30日、東京モーターショーの会場でメルセデス・ベンツとAMGの記者会見が開かれた。

「スマート・フォービジョン」
メルセデス&AMGはバリエーション豊か【東京モーターショー2011】
「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ」(写真手前)
メルセデス&AMGはバリエーション豊か【東京モーターショー2011】

■これが今年の3つの自慢

プレスデイ初日の午前9時30分、メルセデス・ベンツとAMGのブースの巨大スクリーンに、サーキットを快走する「SLS AMG ロードスター」の画像が映し出される。そしてメルセデス・ベンツ日本のニコラス・スピークスCEOが登壇した。発言の趣旨は、以下の3つ。

「東日本大震災の被災地支援においては責務を果たすことができた」。
「2011年の日本における販売目標は達成できる見込み」。
「J.D.パワーの顧客満足度調査では輸入車ブランドでトップとなった」。
続いて本国より来日したスマート部門の責任者、アネット・ヴィンクラー氏が2つのモデルを紹介した。
ひとつは、2012年より日本での販売が始まる「smart four two electric drive(スマート・フォーツー エレクトリックドライブ)」で、もうひとつが太陽光パネルを屋根に内蔵する意欲的なEVのコンセプトモデル「smart forvision(スマート・フォービジョン)」。ヴィンクラー氏が、「スマートは東京に代表されるメガシティーのために開発したモデル」だと強調していたのが印象的だった。

水素燃料電池車のコンセプトモデル「メルセデス・ベンツF125!」
メルセデス&AMGはバリエーション豊か【東京モーターショー2011】
ガルウイング式ドアをもつ「F125!」。インテリアも個性的だ。
メルセデス&AMGはバリエーション豊か【東京モーターショー2011】
次期型「Aクラス」のデザインスタディーモデル「Concept Aクラス。
メルセデス&AMGはバリエーション豊か【東京モーターショー2011】

■プライドを感じる守備範囲

次に壇に上がったのは、やはり本国で営業/マーケティング部門のエグゼクティブバイスプレジデントに就くヨアヒム・シュミット氏。シュミット氏が解説したモデルで日本初お目見えとなるのは、以下の4台。
まず次期型「Sクラス」のスタディーモデルである「F125!」で、これは自動車誕生125周年記念モデルでもある。ポイントはF-Cell(水素燃料電池)によって航続距離1000kmを達成したことだそうで、メルセデス・ベンツの中大型ラグジュアリーカーの環境戦略が垣間見えた。

次が「Concept Aクラス」で、これは2013年に登場予定の次期型「Aクラス」のデザインスタディーモデル。同時にお披露目された新型「Bクラス」とともに、新しい世代の支持を得るためのコンパクトカー作りにも注力していることをうかがわせた。ちなみに新型Bクラスにおいては、発電用ガソリンエンジンを備えたEV(いわゆるレンジエクステンダー)の開発も進んでいるという。

最後が、2012年に日本に導入される新型「Mクラス」で、ポイントは現行型に比べて20%以上も燃費効率が上がったというクリーンディーゼルエンジン。こうして見ると、コンパクトカーからSUV、大型ラグジュアリーモデルまで、パワートレインでいうとピュアEV、レンジエクステンダー、クリーンディーゼル、それに燃料電池と、満遍なく取り組んでいることがわかる。自動車生みの親としての誇りを持ちながら自動車界を引っ張っていく。そんな意志が感じられるブリーフィングだった。

(文=サトータケシ/写真=サトータケシ、webCG)

SUV「Mクラス」の新型も展示された。
メルセデス&AMGはバリエーション豊か【東京モーターショー2011】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。