第276回:スーパーカーで運転教室!? 「ランボルギーニ・ウインター・アカデミア」体験記

2015.02.16 エッセイ

2015年1月、カチカチに凍った女神湖の湖上で、ランボルギーニを使った“運転体験プログラム”が実施された。そんな環境でスーパーカーを走らせるのはなぜか? 会場では、どんなレッスンが行われたのか? イベントの内容を報告する。

長野県は女神湖の“湖上”に並んだランボルギーニ。あえて滑りやすい凍結路を使うのが、ウインター・アカデミアのポイントだ。
長野県は女神湖の“湖上”に並んだランボルギーニ。あえて滑りやすい凍結路を使うのが、ウインター・アカデミアのポイントだ。
ランボルギーニのドライビングレッスンは、レースを運営する部門「スクアドラ・コルセ」によって開催される。
ランボルギーニのドライビングレッスンは、レースを運営する部門「スクアドラ・コルセ」によって開催される。
チーフインストラクターのピーター・ミューラーさん。こわもてな先生の例に漏れず(?)、アツく、ていねいにドライビングを教えてくれる。
チーフインストラクターのピーター・ミューラーさん。こわもてな先生の例に漏れず(?)、アツく、ていねいにドライビングを教えてくれる。
冬山に連れてこられた猛牛は、もちろん冬用タイヤを履いている。いずれも銘柄はピレリの「ソットゼロ」で、サイズは「アヴェンタドール」が前:255/35R19、後ろ:335/30R20。「ウラカン」が前:245/30R20、後ろ:305/30R20。
冬山に連れてこられた猛牛は、もちろん冬用タイヤを履いている。いずれも銘柄はピレリの「ソットゼロ」で、サイズは「アヴェンタドール」が前:255/35R19、後ろ:335/30R20。「ウラカン」が前:245/30R20、後ろ:305/30R20。
教習車として一日付き合う、「ランボルギーニ・ウラカンLP610-4」。5.2リッターV10(610ps、57.1kgm)をミドに積む、スーパースポーツである。今回、ウインター・アカデミア日本ラウンドのために、海外から空輸された。レッスンでは、マイカーの持ち込みは認められていない。
教習車として一日付き合う、「ランボルギーニ・ウラカンLP610-4」。5.2リッターV10(610ps、57.1kgm)をミドに積む、スーパースポーツである。今回、ウインター・アカデミア日本ラウンドのために、海外から空輸された。レッスンでは、マイカーの持ち込みは認められていない。

まるで映画のワンシーン

「うわ、スッゲー……」

集合場所に到着した参加者の口から、ため息が漏れる。
目の前に広がる、見事な雪景色。そこに最新のランボルギーニが、ずらりと並んでいるのだ。

「スノーリゾートにスーパーカー」なんて、まるで映画の『007』みたい……。これぞランボルギーニの運転体験プログラム、その名も「Lamborghini Winter Accademia(ランボルギーニ・ウインター・アカデミア)」の朝である。

同社は「ランボルギーニの運転ノウハウをドライバーに教えたい」「4WDスーパースポーツの魅力を伝えたい」との思いから、こうしたイベントを8年ほど続けている。ただ、日本国内で一般向けに開催されるのは、今回が初めて。会場には「良質な低ミュー路」として知られる、長野県・女神湖の凍結した湖上(!)が選ばれた。

参加するのに“猛牛の飼い主”である必要はない。世界的に開催地が限られるとあって(ほかには米コロラド州のアスペンと北イタリアのリヴィーニョ )、女神湖畔には、海外からも参加者がやってくる。実際、今回の日本ラウンドの一般参加者は、日本人12人に対して、外国人が18人。筆者は別途、報道関係者限定の取材日に、同じプログラムを体験することになった。

「今日一日で、しっかりスキルアップしてください」
ランボルギーニ・ウインター・アカデミアはまず、チーフインストラクターを務めるピーター・ミューラーさんのあいさつで始まった。その教官然としたたたずまいに、おのずと背筋がシャンとする。
“教習車”は、「ウラカンLP610-4」(4台)と「アヴェンタドールLP700-4ロードスター」(1台)。車両のスペックやインストラクター陣の紹介に続いて、各種ドライビングプログラムの手順とそのねらいが説明される。
「このランボルギーニ・ウインター・アカデミアで大事なのは、必ずしも速く走ることじゃない。クルマの限界を知ることが、とても重要なんです」と、ピーター氏。

見れば、メニュー項目のそこかしこに「Exercise」の文字がおどる。ジェームズ・ボンドの腕前になれるもなれないも、参加者の努力次第か……! いきおい、鼻息が荒くなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ウラカンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表 2016.12.21 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムなどが採用されている。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP610-4(4WD/7AT)【試乗記】 2014.9.11 試乗記 “売れっ子スーパースポーツ”「ガヤルド」の跡を継ぐ、ランボルギーニのニューモデル「ウラカン」に試乗。ドライブフィーリングから燃費まで、その実像をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
ホームへ戻る