マツダ・ロードスター プロトタイプ(FR/6MT)

ライトウェイト・スポーツカーの原点へ 2015.02.12 試乗記 歴代で最もコンパクトなボディーを持ち、車重は約1トンに抑えられた新型「マツダ・ロードスター」。ライトウェイト・スポーツカーの原点へ回帰した4代目の走りは、「走ること、操ることの楽しさ」に満ちていた。プロトタイプのステアリングを握った。

ベストバランスは16インチタイヤ

新型ロードスターを初めて目の前にしたとき、まず感じたのは「カッコよさ」だった。
スポーツカーは「走りを楽しむ」クルマであると同時に「姿を楽しむ」クルマでもある。

新型ロードスターは、タイヤ位置、後退したウインドスクリーン、ドライバーの着座位置を見ただけで走りへの期待は高まる。
同時に、低く鋭い構えのノーズ、キャラクターラインを使わず、プレスの抑揚だけでダイナミックな表情を造り込んだサイド、グッと絞り込んだリア……「コンパクトなサイズの中にエネルギーが凝縮されている」といった印象のデザイン面でもまた、スポーツカーファンの心をわしづかみするだろう。

タイヤは16インチが標準で、オプションに17インチも用意される。
「いまどき16インチ?」と思う人もいるかもしれないが、「16インチでも十分にカッコはついている」と、僕の目には映った。ちなみに、エンジニアの話では「走りのベストバランスは16インチ」とのことである。

3915×1730×1235mmのスリーサイズには驚くと同時に感激した。1989年に誕生した初代ロードスターに対して、全幅こそ55mm大きいが、全長は55mmも短い。

さらに驚いたのは重量。まだ正式に発表されてはいないが、「1トンを切るか切らないか」といったところのようだ。初代モデルがMT車で940~990kgだったことを考えると、安全性、装備、快適性等々のレベルが大きく押し上げられている現在、これは、「圧倒的!」ともいえる軽さであり、ロードスターにかけたマツダの意気込みと熱さが強烈に伝わってくる。モデルチェンジの度にサイズは大きくなり、重量が増す……これがふつうの流れだが、ロードスターは4代目にして、そんな流れを断ち切り、「コンパクトで軽量」というライトウェイト・スポーツカーの原点に完全に立ち戻ったということになる。

スリーサイズは全長3915×全幅1730×全高1235mm(日本仕様の開発目標値)。試乗車はプロトタイプ。
スリーサイズは全長3915×全幅1730×全高1235mm(日本仕様の開発目標値)。試乗車はプロトタイプ。
車重の目標値は1000kg。従来モデルと比較して100kg以上の軽量化を目指す。
車重の目標値は1000kg。従来モデルと比較して100kg以上の軽量化を目指す。
タイヤサイズは標準が16インチで、オプションで17インチが用意される。
タイヤサイズは標準が16インチで、オプションで17インチが用意される。

マツダ・ロードスター プロトタイプ(FR/6MT)【試乗記】の画像
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る