ポルシェ・ケイマンGTS(MR/6MT)/ケイマン(MR/6MT)

こんなもんじゃない 2015.02.14 試乗記 ベースグレードとトップグレード、2台の「ポルシェ・ケイマン」に試乗。両モデルを乗り比べ、その実力を確かめた。

スポーツカーの理想形

宿願を果たしたというべきか。
昨年、富士スピードウェイで千載一遇のチャンスを得た「ケイマンGTS」の試乗。しかしそれは、こともあろうか豪雨に見舞われ、筆者はその動力性能を満足に推し量れずにいた。そして今回、オープンロードではあったが、そのGTSのステアリングを再び握る機会を与えられた。しかも“素ケイマン”との比較試乗という最高に恵まれた形で。

筆者にとってケイマンは、スポーツカーにおけるひとつの理想形だ。いや、究極の形と言ってもいい。語り尽くされた話だが、その理由は水平対向6気筒エンジンをミドシップしているからだ。自動車の構成パーツの中で一番重いエンジンを車体中央に置くことで、カーブでは前後のタイヤへ均等に遠心力が掛かり、曲がりやすくなる。コーナーの脱出ではリアタイヤにエンジンの重みが掛かりやすくなり、トラクション性能が上がる。

4WDにもパワーにも頼らない、ナチュラルな走り。
これがミドシップ最大の利点であり、だからこそ本物のレーシングカーはこの形式を採用する。そしてケイマンは、既存のエンジン形式の中で最も低重心な水平対向6気筒をミドマウントしているのである。こんな芸当ができるのは、水平対向エンジンを作り続けているポルシェ(とスバル)だけ。実はこれ、911が長年やりたくてもできなかったことである。

そんなケイマンの頂点に立つのが、このGTSだ。

「ポルシェ・ケイマン」の高性能グレード「GTS」。「ケイマンS」を15ps上回る、340psの3.4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載する。
「ポルシェ・ケイマン」の高性能グレード「GTS」。「ケイマンS」を15ps上回る、340psの3.4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載する。
インテリアは「911」や「カイエン」などの「GTS」モデルと同じく、レザーとアルカンターラの組み合わせとなる。
インテリアは「911」や「カイエン」などの「GTS」モデルと同じく、レザーとアルカンターラの組み合わせとなる。
トランスミッションは6段MTと7段PDKの2種が設定される。
トランスミッションは6段MTと7段PDKの2種が設定される。
「ケイマンGTS」には、他のグレードではオプション扱いのスポーツシートが標準装備となる。
「ケイマンGTS」には、他のグレードではオプション扱いのスポーツシートが標準装備となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る