第280回:これは現代のスペシャルティーカーだ!
開発陣に聞く「マツダCX-3」の見どころ

2015.02.20 エッセイ
マツダの新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。2015年2月末に発売される予定。

マツダの新型コンパクトクロスオーバーSUV「マツダCX-3」の正式発表日が近づいている。それに先立ち、デザインから車両パッケージ、そしてディーゼルエンジンのノック音を抑える世界初の“秘策”まで、開発陣にじっくり聞く機会を得た。

「CX-3」のデザインを取りまとめたチーフデザイナーの松田陽一さん。
「大径タイヤは『CX-3』のデザインにとって不可欠でした」と松田さん。
ボディーカラーは全8色となる予定。光線によって白にもグレーにも見える「セラミックメタリック」(写真)が新色として設定される。

「デミオSUV」でも「ミニCX-5」でもない

2月末に発売されるマツダCX-3の商品概要説明会に参加した。CX-3は、はやりのコンパクトクロスオーバーだ。ここのところ、世界中のメーカーがこぞって自社のコンパクトカーのプラットフォームを用いて、コンパクトクロスオーバーを開発、市販している。CX-3もその文法にのっとって、「デミオ」のプラットフォームを使って開発された。

CX-3のサイズは全長4275mm、全幅1765mm、全高1550mm、ホイールベース2570mm。デミオのSUV版であり、「CX-5」の小型版のような位置づけだが、マツダによるとそれはあくまで結果であり、サイズ、スタイル、ユーティリティーのいずれも自由な発想で開発されたという。「既存モデルのモデルチェンジではなく、新しいモデルをゼロからデザインできることに喜びを感じながらつくった」とチーフデザイナーの松田陽一さん。

大径タイヤ&ホイール(黒い樹脂のアーチモールもタイヤをより大きく見せる効果がある)、タイトなキャビン、ショートオーバーハングなどの手法を用いて、デミオと同じホイールベースでありながらより伸びやかなデザインを目指したという。Aピラーを可能な限り後方へ引き、ロングノーズとし、ボディーの後方にボリュームをもたせることで、動物が飛びかかる直前の躍動感を表現したデザインは、新世代のマツダ車に共通するやり方だ。水平フィンのフロントグリルは、先日マイナーチェンジした「アテンザ」と共通するイメージだ。リアはナンバープレートの上端がリアゲートで隠れるような配置が面白い。この段差にリアカメラなどのデザイン上、邪魔な装備をうまく隠している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ