メルセデス・ベンツC200ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)

メルセデス・ベンツの原点回帰 2015.02.16 試乗記 6年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」に試乗。ワゴンボディーをまとうコンパクトメルセデスの「アジリティー」を確かめた。

リズムを感じるインテリア

「C200ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)」のドアを開けると、そこはまるで「SL」あるいは「SLS」と見紛(まご)うばかりのスポーツカー的世界が広がっていた。クランベリーレッドと呼ばれるエンジ色のレザーと、鈍く輝くシルバーのエアダクト、スイッチ類の組み合わせが、いかにも名門メルセデス・ベンツのGTを思わせる。1955年に登場した歴史的傑作、「300SLガルウイング」のことを申し上げているわけです。

着座位置はあくまで低く、センターコンソールは緩やかに傾斜して、ドライバーをコ・ドライバーから独立せしめる。眼前には大径のタコメーターが右に、速度計が左に位置する。このふたつのメーターはシルバーのリングで強調されている。銀色の輪は、ステアリングホイールの真ん中に位置するスリーポンテッドスターのマークと呼応するだけでなく、センターコンソールの3連丸形エアダクト、さらに両サイドの丸形エアダクトとも反復する。反復とはすなわちリズムである。音楽なのである。

これまた鈍くシルバーに輝く円形のエンジンスタート&ストップボタンを押すと、2リッターターボエンジンは、ちょっとディーゼルエンジンを思わせる直噴ならではの金属音を奏でながらアイドリングを始める。

試乗車はC200ステーションワゴン スポーツなので、メルセデス自慢のエアマチックサスペンションを標準装備する。「Eクラス」以上の上級モデルに使われてきた、空気バネと可変ダンパーを用いた電子制御サスペンションである。タイヤは前225/45R18、後ろ245/40R18の前後異サイズという、「スポーツ」のサブネームに恥じないスポーツぶりだ。

「スポーツ」のインテリアトリムはブラックアッシュウッドとなる。
「スポーツ」のインテリアトリムはブラックアッシュウッドとなる。
テスト車の内装色はクランベリーレッド。ほかにボディーカラーに応じてブラックも用意される。
テスト車の内装色はクランベリーレッド。ほかにボディーカラーに応じてブラックも用意される。
後席の分割比率は先代の2:1から40:20:40へと変更された。
後席の分割比率は先代の2:1から40:20:40へと変更された。
装着されるタイヤのサイズは前が225/45R18、後ろが245/40R18となる。
装着されるタイヤのサイズは前が225/45R18、後ろが245/40R18となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス ステーションワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る