スバルBRZ仕様変更 新たなグレードの追加も

2015.02.10 自動車ニュース
「スバルBRZ S」
「スバルBRZ S」

「スバルBRZ」仕様変更 新たなグレードの追加も

富士重工業は2015年2月10日、「スバルBRZ」の一部仕様を変更し、同年4月16日に発売すると発表した。


スバルBRZ仕様変更 新たなグレードの追加もの画像
「BRZ R Customize Package」
「BRZ R Customize Package」

今回実施されるのは、電動パワーステアリングの特性変更と、車体の一部剛性向上。これにより、ステアリングフィールと乗り心地の質感を向上させたという。
内外装については、ステアリングホイールのスポークやシフトパネルなどにサテンシルバーの加飾を施し、インテリアの質感をアップ。新たなボディーカラー「ラピスブルー・パール」「ピュアレッド」も追加される。

グレード別には、「R」をベースとしたカスタマイズ用の新グレード「R Customize Package」を追加設定。シンプルな仕様ではあるものの、マニュアルエアコン、フロアサイレンサー、トランクマットなどを装備しており「モータースポーツに限らない幅広いカスタマイズを提案するモデル」とされる。

最上級グレードの「S」には、クルーズコントロール機能のほか、インストゥルメントパネル部のスピーカーやパワーアンプを追加した8スピーカーシステムを採用。「走りの快適性と室内空間の楽しさをより一層向上」させたという。
ラインナップと価格は、以下の通り。

・RA Racing(6MT):296万280円
・R Customize Package(6MT):240万8400円
・R Customize Package(6AT):247万8600円
・R(6MT):255万9600円
・R(6AT):262万9800円
・S(6MT):292万6800円
・S(6AT):300万7800円

(webCG)

関連キーワード:
BRZスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
ホームへ戻る