第385回:「ドゥカティ」で配達するけどポストは底なし!?
これがイタリア郵便だ!

2015.02.13 エッセイ

最新・郵便配達車

イタリアで郵便事業を行う「ポステ・イタリアーネ」社は、2012年に「ドゥカティ」を配達用に導入した。といっても、「モンスター」に代表されるあのスタイリッシュなバイクを使っているわけではない。ドゥカティはドゥカティでも、別のDucatiである。

1935年にボローニャ郊外ボルゴ・パニガーレにラジオ製造会社を興したドゥカティ兄弟は、第2次大戦後の1946年に原付きニ輪「クッチョロ」でバイク事業に乗り出す。やがて1953年、電子部品部門とニ輪部門の分社化で、前者は「ドゥカティ・エレットロニカ」という企業になった。後年「ドゥカティ・エネルジア」と名前を変えた同社は、現在もコンデンサーのほか、高速道路の料金所ゲートシステムなど、さまざまな製品を手がけている。

ポステ・イタリアーネが採用した「ドゥカティ」とは、このドゥカティ・エネルジアが製造している四輪EV「シティーダック」である。欧州連合(EU)の環境対策郵便車普及プロジェクトに基づき導入された。出力2.2kW、最高速度は45km/hで、イタリアでは原付き免許で乗れる通称「無免許カー」のカテゴリーに入る。

多くのイタリア旧市街において郵便配達は、バイクではキャパシティー不足、かといってひと足先にリースで導入されてきた「フィアット・パンダ」ではサイズ的に持て余していた。そうした中、このドゥカティ製EVは、経緯が“お上主導”とはいえ、それなりに利用価値がある。

【写真1】ドゥカティ・エネルジア社の四輪EV「マイクロダック」郵便配達車。
【写真2】駆動は、左右後輪に内蔵されたインホイールモーターで行う。フェンダーの上には、郵便物の収納ボックスが据え付けられている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。