第222回:18禁(!?)の東京モーターショー

2011.12.02 エッセイ

第222回:18禁(!?)の東京モーターショー

昔はダルマ、今はスーツ

ボクが子供だった1970年代、東京モーターショーは毎年開催だったこともあり、わが家では年間最大のイベントだった。東京郊外住まいのボクにとって、1年に1度竹芝桟橋から晴海見本市会場まで乗る水上バスはボクにとって唯一の船舶であったし、東京湾は唯一の海だった。慣れぬ海風で風邪をひかせないよう、親はボクに厚手のコートを着せ、マフラーを何重にも巻かせたものだから、往復はダルマのような格好だったものだ。

さて読者諸兄もご存じのとおり、第42回東京モーターショーが2011年11月30日、報道関係者に公開された。今年はフランクフルトおよびロサンゼルスショーと間隔を開けるため、1カ月遅れの開催というスケジュールが組まれた。
それにしては暖かい。毎年ジュネーブショーに向かうたび、トンネルの上のモンブランに積もる雪が少なくなっていることで地球温暖化の兆しを感じるが、東京ではコートなし、スーツなしで歩く人の数でそれを感じる。

昔との違いといえば、他にもある。ボクが子供の頃は東京ショーいうと、何週間も前から電車内に中づり広告が出されたり、街のあちこちにもポスターが貼られたりと、なにやらお祭り前のわくわく感が東京全体で醸し出されていたものだ。
かわって今日では、モーターショーの事前盛り上がりムードは、当時に比べてかなり低い。とはいっても告知媒体がインターネットをはじめ、よりパーソナルなものに大きく移行した今日だから、会期終了後の入場者数を見るまで開催前の盛り上がりの大小について語るのはよしておこう。

第42回東京モーターショーの「スズキブース」。二輪と四輪を同時に展示する舞台は近年の「スマート」のものを思わせるが、思えばスズキのほうが“元祖”である
第222回:「18禁」(!?)の東京モーターショー
そのスズキは、最近複雑な関係にあるフォルクスワーゲンと隣り合わせ。
第222回:「18禁」(!?)の東京モーターショー

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。