クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ジープ・チェロキー ウォーリアー(4WD/9AT)

さらにイージーな元祖SUV 2015.02.13 試乗記 「ジープ・チェロキー ウォーリアー」は、「チェロキー」シリーズの中でもよりオフロード向けの仕様となる「トレイルホーク」グレードをベースにした限定モデルだ。その走破性能を確かめに“スノートレイル”を目指した。

精悍に見える

あれ、なんだか思っていたよりカッコいい。切れ長の目のようなポジションランプをヘッドライトに“錯覚”させる「ロールス・ロイス・ファントム」や「日産ジューク」と同じような仕掛けありのフロントデザインは斬新なのだろうが、それを除けば新型チェロキーのスタイリングには特に見るべきものはないと思っていた。武骨でボクシーなこれまでのモデルに比べれば洗練されたのかもしれないが、一転して丸みを帯びたそのフォルムは、今や星の数ほどある大小SUVと大差なく、かえってその中に埋没してしまった印象を持っていた。

ところがこのトレイルホークがベースの“ウォーリアー”は、以前に試乗したチェロキーの他のグレードよりも、雪の中で引き締まって精悍(せいかん)に見える。特別仕様の濃いグリーンのボディーカラーのせいもあるのだろうが、実はほかにもタフに見える理由がある。3車種設定されているチェロキーの日本仕様の中で最もジープらしいというか、4WDとして本格派という位置づけのトレイルホークは、フェンダーガードがより張り出していて全幅1905mmと他の2モデルより45mm広く、また最低地上高も220mmと40mm高い。ジープの名を持つ4WDに“本格的”というのも奇妙だが、ベーシックグレードの「ロンジチュード」はただの前輪駆動(FWD)だから、そういう区別も必要な時代ということなのだろう。

また同じくローレンジ付きオンデマンド式4WDである最上級グレードの「リミテッド」ともその駆動システムは若干異なる。トレイルホークではセンターコンソールのセレクテレインシステムのダイヤルで切り替え可能なドライブモードがリミテッドの4種から5種類(オート/スノー/スポーツ/サンド&マッド、およびロック)に増え、さらにリアデフロックと登坂・降坂時に極低速での一定速走行ができるセレクスピード・コントロールも備わった「アクティブドライブ・ロック」と称する専用の4WDシステムとなる。これが「トレイル・レイテッド」というバッジ付きとなるゆえんだ。このバッジは本格的なオフロード走行性能を備えているお墨付きらしい。

「チェロキー ウォーリアー」は現行チェロキー初の限定車。発売は2014年8月。限定数は150台。
「チェロキー ウォーリアー」は現行チェロキー初の限定車。発売は2014年8月。限定数は150台。
    拡大
ボディー色はテスト車の「エコグリーン」(限定数100台)のほか、「ブリリアントブラッククリスタル」(同50台)がある。インテリア色は前者が「グランドキャニオン」と呼ばれるブラウン(写真)、後者が「モロッコ」(ブラック)となる。
ボディー色はテスト車の「エコグリーン」(限定数100台)のほか、「ブリリアントブラッククリスタル」(同50台)がある。インテリア色は前者が「グランドキャニオン」と呼ばれるブラウン(写真)、後者が「モロッコ」(ブラック)となる。
    拡大
「トレイルホーク」に準じるため、セレクテレインシステムには5種類の走行モードが用意される。
「トレイルホーク」に準じるため、セレクテレインシステムには5種類の走行モードが用意される。
    拡大
本格的なオフロード走行性能を備えているモデルに与えられる「トレイル・レイテッド」バッジ。
本格的なオフロード走行性能を備えているモデルに与えられる「トレイル・レイテッド」バッジ。
    拡大

9速にはほとんど入らない

この5世代目に相当する(FCAジャパンは初代を勘定に入れず4代目と言っているが)新型チェロキーはFWDプラットフォームになったことで従来型から大きく変身している。それに伴う新しいチェロキーの特徴がZFの横置きFWDおよび4WD用の最新型9段ATを採用していること。トレイルホークとリミテッドでは3.2リッターV6との組み合わせで、黒子に徹して粛々と働いているが、ただし9段もあるギアを効果的に使っているようには感じられない。というのも、高速道路をごく普通にメーター100km/hで巡航している際のエンジン回転数は1600rpm強だが、実はトップギアではなく7速で走っている。セレクターを左側に倒してマニュアルモードにすることもできるが、それで8速を選んでもメーター内の表示が「8」に変わるだけで、それ以上のギアには実際には入らない。つまり、インジケーターには実際にエンゲージしているギアが表示されるのではなく、以前のレクサスと同じようにシフトアップするギアの上限を示しているものにすぎない。一般道では確認するのが難しいが、8速は120km/h、トップ9速は140km/h近くにならないと入らないようだ。しかも巡航状態からちょっと踏み込むと即座に段を飛ばしてキックダウンしてしまうので、高いギアのままでシュルシュルと加速するというわけにはいかない。ということは、少なくとも日本ではせっかくの9段ATの恩恵もあまり感じられないのだ。

最高出力272ps(200kW)/6500rpm、最大トルク32.1kgm(315Nm)/4300rpmのスペックを持つ3.2リッターV6 DOHCエンジンは、現代のSUVユニットの標準からすると軽快に回りたがる高回転型といえる。スムーズに嫌みなく健康的に吹け上がるのだが、実用域のトルクはさほど強力な印象はなく、ピックアップも特に鋭いわけでもない。トップ2段が飛び抜けて高い9ATと車重2トンもあるSUVにはあまりマッチしているようには思えなかった。

背もたれに「TRAILHAWK」ネームが入ったブラウンのナッパレザーシートが装着される。
背もたれに「TRAILHAWK」ネームが入ったブラウンのナッパレザーシートが装着される。
    拡大
シートやインテリアトリムには赤いステッチが入る。ちなみに、ベースの「トレイルホーク」グレードではファブリック/レザーのコンビシートとなる。
シートやインテリアトリムには赤いステッチが入る。ちなみに、ベースの「トレイルホーク」グレードではファブリック/レザーのコンビシートとなる。
    拡大
トランスミッションは9段AT。ギア比は5速が“直結”(1.000)となる。
トランスミッションは9段AT。ギア比は5速が“直結”(1.000)となる。
    拡大
272psと32.1kgmを発生する3.2リッターV6エンジン。無鉛レギュラー仕様で、JC08モード燃費は8.8km/リッター。
272psと32.1kgmを発生する3.2リッターV6エンジン。無鉛レギュラー仕様で、JC08モード燃費は8.8km/リッター。
    拡大

イージーで扱いやすい

スタッドレスタイヤのせいもあるのか、街中や一般道での乗り心地は意外なほどに当たりがソフトで、4WDということから想像する武骨なゴツゴツ感などはまったく感じられない。ただしスピードが増すとホイールの上下動が残り、今ひとつ落ち着かない。それなりに静かで安定した走りっぷりではあるものの、大きな入力をビシッと抑えるのは得意ではないようだ。

ドライ路面でも雪道でもハンドリングは標準的といったところ。特にシャープでも鈍くもなく、重い車にふさわしい、ゆったりとしたリズムで運転するにはちょうどいい。アクティブドライブは、ロック(Rock)モード(ローレンジの場合のみ選択可能)を除けば4輪が剛結されているようなダイレクト感はあまりないが、それでも予想以上にタイヤの接地感など車両からのインフォメーションが感じ取れるのがチェロキーの美点である。全体的にちょっとルーズだが、扱いやすく安心できるという点ではチェロキーの伝統を受け継いでいるといえるだろう。

都心から軽井沢を往復したおよそ500kmの行程の大部分が高速道路だったにもかかわらず、平均燃費は8.0km/リッターと最新の9ATを備えている割には平凡な数字だった。レギュラーガソリンで済むのはありがたいが、このぐらいでは少なくとも日本ではちょっと分が悪い。

雪道を行く。「エコグリーン」のボディー色は「ウォーリアー」の専用色。ボンネットの中央がマットブラック(デカール)となる。
雪道を行く。「エコグリーン」のボディー色は「ウォーリアー」の専用色。ボンネットの中央がマットブラック(デカール)となる。
    拡大
ホイールサイズは17インチ。専用のブラックカラーとなる。なお試乗車はスタッドレスタイヤに履き替えている。
ホイールサイズは17インチ。専用のブラックカラーとなる。なお試乗車はスタッドレスタイヤに履き替えている。
    拡大
ラゲッジルームの容量は697リッター。後席の前後スライドを一番前にすると824リッター、後席をたたむと1555リッター、さらに助手席をたたむと1668リッターまで広がる(北米仕様の数値)。
ラゲッジルームの容量は697リッター。後席の前後スライドを一番前にすると824リッター、後席をたたむと1555リッター、さらに助手席をたたむと1668リッターまで広がる(北米仕様の数値)。
    拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

有名だからこその悩み

一新されたインストゥルメントパネルやインテリアは、これまでのチェロキーとは打って変わったモダンなデザインになり、トリム類のフィニッシュレベルも同様に一足飛びに引き上げられたことは間違いないが、残念ながら他のSUVも同じように進歩しているせいで、特に抜きんでているわけではない。インテリアのスペースは十分で、さらにリアシートは分割可倒式の上にスライドとリクラインも可能であり、ワゴンとしての使いやすさはきちんと考慮されている。

そういえばウォーリアーとは、昨年夏に限定150台で発売されたトレイルホークの特別仕様モデルで、ボンネットのデカール、ブラックのアルミホイールといったコスメティックに加え、本来はオプション装備となるアダプティブクルーズコントロールやレーンキープなどから成る「セーフティパッケージII」(32万4000円)が標準装備されるお買い得仕様でもある。その勇ましい名前だけに、グリーンの専用ボディーカラーも昔ながらのオリーブドラブかと思えば、実際には「エコグリーン」と言うそうだ。現代風なのかもしれないが、あきれるほどにつまらないネーミングである。

本格的なクロスカントリー能力が重視されない今、無数のSUVの中での位置取りはますます窮屈になっている。武骨なタフギアを狙うのか、オシャレでクールなワゴン的ポジションを取るのか、どのブランドも苦心しながらそれぞれのポジショニングを探っているはずだ。新型チェロキーは米国では好調と聞くが、日本ではその有名な名前のせいで立ち位置に迷っているように思えてならない。

(文=高平高輝/写真=小林俊樹)

「ウォーリアー」(戦士)の車名は、ネイティブアメリカンの一部族である、チェロキー族の勇敢な戦士にちなんでいるとのこと。
「ウォーリアー」(戦士)の車名は、ネイティブアメリカンの一部族である、チェロキー族の勇敢な戦士にちなんでいるとのこと。
    拡大
安全装備の充実も「ウォーリアー」の特長。本来オプション装備となる「セーフティパッケージII」が標準で備わる。
安全装備の充実も「ウォーリアー」の特長。本来オプション装備となる「セーフティパッケージII」が標準で備わる。
    拡大
助手席の座面下には収納が用意される。
助手席の座面下には収納が用意される。
    拡大

ジープ・チェロキー ウォーリアー(4WD/9AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

ジープ・チェロキー ウォーリアー

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4630×1905×1740mm
ホイールベース:2720mm
車重:1990kg
駆動方式:4WD
エンジン:3.2リッターV6 DOHC 24バルブ
トランスミッション:9段AT
最高出力:272ps(200kW)/6500rpm
最大トルク:32.1kgm(315Nm)/4300rpm
タイヤ:(前)245/65R17 107Q/(後)245/65R17 107Q(グッドイヤー・ラングラーIP/N<スタッドレスタイヤ>)
燃費:8.8km/リッター(JC08モード)
価格:451万4400円/テスト車=451万4400円
オプション装備:なし

テスト車の年式:2014年型
テスト開始時の走行距離:5859km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:507.6km
使用燃料:63.1リッター
参考燃費:8.0km/リッター(満タン法)/9.0km/リッター(車載燃費計計測値)

ジープ・チェロキー ウォーリアー
ジープ・チェロキー ウォーリアー
    拡大

ジープ・チェロキー ウォーリアー(4WD/9AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
チェロキージープ試乗記

あなたにおすすめの記事