ジープ・チェロキー ウォーリアー(4WD/9AT)

さらにイージーな元祖SUV 2015.02.13 試乗記 「ジープ・チェロキー ウォーリアー」は、「チェロキー」シリーズの中でもよりオフロード向けの仕様となる「トレイルホーク」グレードをベースにした限定モデルだ。その走破性能を確かめに“スノートレイル”を目指した。

精悍に見える

あれ、なんだか思っていたよりカッコいい。切れ長の目のようなポジションランプをヘッドライトに“錯覚”させる「ロールス・ロイス・ファントム」や「日産ジューク」と同じような仕掛けありのフロントデザインは斬新なのだろうが、それを除けば新型チェロキーのスタイリングには特に見るべきものはないと思っていた。武骨でボクシーなこれまでのモデルに比べれば洗練されたのかもしれないが、一転して丸みを帯びたそのフォルムは、今や星の数ほどある大小SUVと大差なく、かえってその中に埋没してしまった印象を持っていた。

ところがこのトレイルホークがベースの“ウォーリアー”は、以前に試乗したチェロキーの他のグレードよりも、雪の中で引き締まって精悍(せいかん)に見える。特別仕様の濃いグリーンのボディーカラーのせいもあるのだろうが、実はほかにもタフに見える理由がある。3車種設定されているチェロキーの日本仕様の中で最もジープらしいというか、4WDとして本格派という位置づけのトレイルホークは、フェンダーガードがより張り出していて全幅1905mmと他の2モデルより45mm広く、また最低地上高も220mmと40mm高い。ジープの名を持つ4WDに“本格的”というのも奇妙だが、ベーシックグレードの「ロンジチュード」はただの前輪駆動(FWD)だから、そういう区別も必要な時代ということなのだろう。

また同じくローレンジ付きオンデマンド式4WDである最上級グレードの「リミテッド」ともその駆動システムは若干異なる。トレイルホークではセンターコンソールのセレクテレインシステムのダイヤルで切り替え可能なドライブモードがリミテッドの4種から5種類(オート/スノー/スポーツ/サンド&マッド、およびロック)に増え、さらにリアデフロックと登坂・降坂時に極低速での一定速走行ができるセレクスピード・コントロールも備わった「アクティブドライブ・ロック」と称する専用の4WDシステムとなる。これが「トレイル・レイテッド」というバッジ付きとなるゆえんだ。このバッジは本格的なオフロード走行性能を備えているお墨付きらしい。

「チェロキー ウォーリアー」は現行チェロキー初の限定車。発売は2014年8月。限定数は150台。
「チェロキー ウォーリアー」は現行チェロキー初の限定車。発売は2014年8月。限定数は150台。
ボディー色はテスト車の「エコグリーン」(限定数100台)のほか、「ブリリアントブラッククリスタル」(同50台)がある。インテリア色は前者が「グランドキャニオン」と呼ばれるブラウン(写真)、後者が「モロッコ」(ブラック)となる。
ボディー色はテスト車の「エコグリーン」(限定数100台)のほか、「ブリリアントブラッククリスタル」(同50台)がある。インテリア色は前者が「グランドキャニオン」と呼ばれるブラウン(写真)、後者が「モロッコ」(ブラック)となる。
「トレイルホーク」に準じるため、セレクテレインシステムには5種類の走行モードが用意される。
「トレイルホーク」に準じるため、セレクテレインシステムには5種類の走行モードが用意される。
本格的なオフロード走行性能を備えているモデルに与えられる「トレイル・レイテッド」バッジ。
本格的なオフロード走行性能を備えているモデルに与えられる「トレイル・レイテッド」バッジ。
関連記事
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • ジープ・チェロキー ウォーリアー(4WD/9AT)【試乗記】 2015.2.13 試乗記 「ジープ・チェロキー ウォーリアー」は、「チェロキー」シリーズの中でもよりオフロード向けの仕様となる「トレイルホーク」グレードをベースにした限定モデルだ。その走破性能を確かめに“スノートレイル”を目指した。
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2014.6.25 試乗記 母体のクライスラーがフィアットと合体する中で、大胆に生まれ変わった「ジープ・チェロキー」。新型の仕上がりを、最も高級なグレード「リミテッド」でチェックした。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る