シトロエン・グランドC4ピカソ セダクション(FF/6AT)

ミニバンのシトロエン的転回 2015.02.23 試乗記 退屈なミニバンも、シトロエンが手がけるとこんなに楽しくなる。小田急ロマンスカーもかくやの前席視界を備え、シトロエン的発想に満ちた「グランドC4ピカソ」でショートツーリングに出かけた。

7人乗りの「グランド」が主役

今度は最初から5人乗りと7人乗りの両方を取りそろえてきたのが、新型「C4ピカソ」シリーズだ。先代モデルでは7人乗りのみの輸入だったが、新たにショートボディーの5人乗りも入ることになった。

だが、ミニバンの国で売るには、やはりメインは7人乗りの「グランド」であるらしく、「エクスクルーシブ」のみのC4ピカソ(364万1000円)に対して、グランドは「セダクション」(試乗車)を加えた2グレード体制をとる。セダクションでよければ、C4ピカソより約10万円安く、エクスクルーシブ同士で比べても、グランドとC4ピカソの差は20万円ほど。7人乗りのほうが買いやすい設定になっている。

日本ではシトロエンのなかにあってもマイナーな存在だが、ピカソはヨーロッパでは人気モデルである。最初にこの名前が登場したのは1999年の「クサラ ピカソ」。2006年のモデルチェンジでファミリーネームがC4に変わってからも、パブロ・ピカソ自筆のサインから起こしたエンブレムを引き継ぐ。

しかし、こんな名前のクルマが出てくるところをみると、やはりフランスという国は日常生活と芸術との距離が近いのかなと思う。画家の名をクルマにつけるマインドは、日本人にはないだろう。だって、「トヨタ・オカモト(太郎)」とか、「ホンダ・イケダ(満寿夫)」とか、「レクサス・ヨコヤマ(大観)」ってことでしょ。ただし、ピカソもあくまでサブネームで、「シトロエン・ピカソ」のように単独では使えない。遺族との契約らしい。

7人乗り仕様は「グランドC4ピカソ」と呼ばれる。試乗したのはベーシックな「セダクション」グレード。
7人乗り仕様は「グランドC4ピカソ」と呼ばれる。試乗したのはベーシックな「セダクション」グレード。
ルーフ方向に回り込んだ大きなフロントウィンドウが抜群の開放感をもたらす。
ルーフ方向に回り込んだ大きなフロントウィンドウが抜群の開放感をもたらす。
アルファベットの「C」をイメージしたグレーのアーチがサイドウィンドウをぐるりと囲む。
アルファベットの「C」をイメージしたグレーのアーチがサイドウィンドウをぐるりと囲む。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4ピカソの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4ピカソ エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2015.3.4 試乗記 日本車ともドイツ車とも一味違うシトロエンのミニバン「C4ピカソ」に試乗。「よくできている」というだけでは表現しきれない、独特の魅力に触れた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】NEW 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
ホームへ戻る