シトロエン・グランドC4ピカソ セダクション(FF/6AT)

ミニバンのシトロエン的転回 2015.02.23 試乗記 退屈なミニバンも、シトロエンが手がけるとこんなに楽しくなる。小田急ロマンスカーもかくやの前席視界を備え、シトロエン的発想に満ちた「グランドC4ピカソ」でショートツーリングに出かけた。

7人乗りの「グランド」が主役

今度は最初から5人乗りと7人乗りの両方を取りそろえてきたのが、新型「C4ピカソ」シリーズだ。先代モデルでは7人乗りのみの輸入だったが、新たにショートボディーの5人乗りも入ることになった。

だが、ミニバンの国で売るには、やはりメインは7人乗りの「グランド」であるらしく、「エクスクルーシブ」のみのC4ピカソ(364万1000円)に対して、グランドは「セダクション」(試乗車)を加えた2グレード体制をとる。セダクションでよければ、C4ピカソより約10万円安く、エクスクルーシブ同士で比べても、グランドとC4ピカソの差は20万円ほど。7人乗りのほうが買いやすい設定になっている。

日本ではシトロエンのなかにあってもマイナーな存在だが、ピカソはヨーロッパでは人気モデルである。最初にこの名前が登場したのは1999年の「クサラ ピカソ」。2006年のモデルチェンジでファミリーネームがC4に変わってからも、パブロ・ピカソ自筆のサインから起こしたエンブレムを引き継ぐ。

しかし、こんな名前のクルマが出てくるところをみると、やはりフランスという国は日常生活と芸術との距離が近いのかなと思う。画家の名をクルマにつけるマインドは、日本人にはないだろう。だって、「トヨタ・オカモト(太郎)」とか、「ホンダ・イケダ(満寿夫)」とか、「レクサス・ヨコヤマ(大観)」ってことでしょ。ただし、ピカソもあくまでサブネームで、「シトロエン・ピカソ」のように単独では使えない。遺族との契約らしい。

7人乗り仕様は「グランドC4ピカソ」と呼ばれる。試乗したのはベーシックな「セダクション」グレード。
7人乗り仕様は「グランドC4ピカソ」と呼ばれる。試乗したのはベーシックな「セダクション」グレード。
ルーフ方向に回り込んだ大きなフロントウィンドウが抜群の開放感をもたらす。
ルーフ方向に回り込んだ大きなフロントウィンドウが抜群の開放感をもたらす。
アルファベットの「C」をイメージしたグレーのアーチがサイドウィンドウをぐるりと囲む。
アルファベットの「C」をイメージしたグレーのアーチがサイドウィンドウをぐるりと囲む。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4ピカソの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る