ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA”(FF/CVT)

政治家よ、軽に乗れ 2015.02.17 試乗記 ダイハツが“軽の本流”と位置付けるトールワゴン型軽乗用車「ムーヴ」がフルモデルチェンジ。最上級グレードに試乗し、今日における軽乗用車の到達点を確かめた。

“軽の本流”は日本の主流

クルマの知識がまったくない女性にこのダイハツ・ムーヴカスタムを見せて、「いくらだと思う?」と聞いてみた。返ってきた答えは、「50万円くらい?」というもの。いやいや、1979年の“アルト47万円”じゃあるまいし。最新の「スズキ・アルト」は、最廉価グレードでも69万6600円だ。

昨年末に行われた自民党内の税制に関する会議で、国会議員が「田舎の貧乏人が乗る軽自動車だから……」と笑いながら発言したという報道もあった。だからあまり高い税金をかけてはいけないという趣旨だったようだが、失礼だし品がない。そして何より、この国会議員はあまりにも無知だ。うっかりすると乗り出し200万円超になる「ホンダN-BOXスラッシュ」が売れているのを知らないんだろう。今回の試乗車も本体価格が166万8600円、オプションを含めると198万5213円という高額なクルマなのだ。

昨年末にフルモデルチェンジされて6代目となったムーヴは、ダイハツにとってど真ん中の主力車種である。プレス資料には「ミラ イース」が“軽の本質”、ムーヴが“軽の本流”と書いてあった。ついでに記しておくと、「タント」「ウェイク」が“広い軽”、「コペン」が“楽しい軽”、「ムーヴコンテ」「ミラココア」が“私の軽”、「ハイゼット」が“働く軽”ということになっていた。豊富なバリエーションの中心にいるのが、ムーヴである。

2014年の国内新車販売台数は前年比3.5%増の556万2887台で、そのうち軽自動車は227万2789台(前年比7.6%増)を占める。軽自動車の割合は40.9%となり、ついに4割を突破した。ムーヴは、日本のクルマの主流となった軽自動車の一番の売れ筋ということになる。

2014年12月に登場した6代目「ダイハツ・ムーヴ」。今回のテスト車「カスタムRS“ハイパーSA”」は、ターボエンジンを搭載した最上級グレード。
「カスタムRS“ハイパーSA”」のインストゥルメントパネル。「ギャラクシーマーブル」と呼ばれる大理石調の加飾パネルは、「ハイパー」系の専用装備となる。
「ハイパー」系に標準装備される、ファブリックとレザーのコンビシート。
リアシートは左右個別にリクライニングやスライドの調整が可能。スライド長は240mmが確保される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムーヴカスタムの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場 2016.9.7 特集 ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。
  • 「スズキ・ソリオ」に32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場
    2016.11.29 自動車ニュース スズキが「ソリオ」のフルハイブリッドシステム搭載車を発売。このシステムは1.2リッター直4エンジンに走行用のモーターと5段ロボタイズドMTを組み合わせたもので、スズキが独自に開発。燃費は32.0km/リッターと公称されている。
ホームへ戻る