第92回:人生を捨てた男は青いクルマで復讐に向かう
『ブルー・リベンジ』

2015.02.13 エッセイ

ボンネヴィルで暮らすホームレス

その男は、ビーチの近くで暮らしている。ゴミ箱をあさり、空き缶を拾って小銭を稼ぎ、時には民家に忍び込んで勝手に風呂を使う。要するにホームレスなのだが、寝る場所はある。さびて穴だらけになったブルーの「ポンティアック・ボンネヴィル」だ。以前この欄で紹介した映画『ダブリンの時計職人』では、ホームレスが海辺の駐車場に停めた「マツダ626」に寝泊まりしていた。ホームレスが寝床として選ぶクルマには、どこか共通点がある。

雨の朝、後席で寝ていると、警官に起こされて署に来るように命じられる。立ち退きを迫られるのかとおびえたが、そうではなかった。警官は、「彼が釈放される……」と告げる。司法取引により、刑期満了の前に保釈されることになったという。

“彼”というのが誰なのか、まだ明らかにされない。危険を避けるために警察署に隠れるように促されるが、ドワイトと呼ばれたホームレスは従わなかった。クルマに戻り、出発の準備を始める。ポリタンクにためてあったガソリンを入れてバッテリーをつなぐと、一発でエンジンが目覚めた。ただの寝場所に見えたポンティアックは、まだ生きていたのだ。バージニア州の地図を買い込み、彼はクルマを走らせる。

刑務所の出口で待っていると、男が釈放されて出てくる。迎えにきたのは、「マーキュリー・グランドマーキー」のリムジンに乗った家族だ。貧しくてひとりぼっちというドワイトの悲惨な境遇とは対照的に、彼らは裕福で家族の絆は固い。ドワイトはリムジンの後をつけ、出所祝いの会場に忍びこむ。

© 2013 by Scavenger, LLC. All Rights Reserved.
© 2013 by Scavenger, LLC. All Rights Reserved.
「ポンティアック・ボンネヴィル」
「ボンネヴィル」は独立したモデルとしては1958年から発売された。初代は2ドアハードトップとコンバーチブルのみの構成だったが、後に4ドアセダンやステーションワゴンも追加される。2006年にGMのラインナップから落とされた。映画に登場するのは、1990年頃の第8世代モデル。

「ポンティアック・ボンネヴィル」
    「ボンネヴィル」は独立したモデルとしては1958年から発売された。初代は2ドアハードトップとコンバーチブルのみの構成だったが、後に4ドアセダンやステーションワゴンも追加される。2006年にGMのラインナップから落とされた。映画に登場するのは、1990年頃の第8世代モデル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。