アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ ローンチエディション(FF/6AT)/クライスラー300 SRT8+(FR/5AT)

そのアツさ、適温 2015.02.18 試乗記 歴史の異なる伊・米の5ブランドを束ねるFCA。その最新ラインナップの中から、個性的な4台をチョイス。冬季ドライブにおけるインプレッションを報告する。まずは、ホットな走りをうたう、アルファ・ロメオとクライスラーの2台から。

新たな“オラオラ系” ―― アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ ローンチエディション

FCAと聞いて最初は「赤坂または足立区を本拠とする新たなサッカーチームか?」と思ってしまった筆者だが、言うまでもなくFCAとは「FIAT CHRYSLER AUTOMOBILES」のことだ。その日本法人たるFCAジャパンが主催する冬季フルライン試乗会は、「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」の最新限定車「クアドリフォリオ ヴェルデ ローンチエディション」という長い名前の一台を試乗することから始まった。

ご承知のとおりジュリエッタとしては最強の1.7リッターエンジンを搭載するクアドリフォリオ ヴェルデ(以下QV)は、一時期カタログから姿を消していた。しかしこのたび、22kgの軽量化と前期QV比で+5psの高出力化を果たした“「アルファ・ロメオ4C」とまったく同一のエンジン”を得て再登場したわけだ。また、これまで日本仕様のQVはトランスミッションが6MTだったのに対し、今回のQVはツインクラッチ式変速機であるTCTになっている。

そして今回試乗する「ローンチエディション」は世界限定500台、日本では50台のみとなる限定仕様で、その最大の特徴はジュリエッタとしては初のつや消し色である「マットマグネシウムグレー」を採用したこと。そのほか、前述のつや消し色と視覚的な相性の良い、ダークグレー仕上げの専用18インチアロイホイールを装着し、ちょいスポーティーな印象となるフロント/リアスポイラーおよびサイドスカートの「エアロパッケージ」も標準搭載。で、ついでにドアミラーとリアルーフスポイラーにはカーボン製のものを採用している。

要するに、イタリア人女性の名前と同じ車名を持つ、本来はおしとやか系というか色っぽい系のクルマであるはずのジュリエッタの、ややオラオラ系なバージョンがこのローンチエディションである……ということになるだろう。

今回のテスト車は、「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ」ベースの限定車。つや消しのボディーカラーやエアロパーツが特徴的。
「ジュリエッタ QV」専用となる、アルカンターラとレザーのコンビシート。背もたれに大きく入れられたロゴマークが目を引く。
限定車「ローンチエディション」の運転席まわり。その造形は、基本的に標準車「ジュリエッタ QV」と変わらない。ハンドル位置は、左右が選べる。
5リングデザインの18インチアロイホイール。ダークグレー仕上げとすることで、ベースモデルとの差別化が図られている。
フェンダー部には、「クアドリフォリオ ヴェルデ(緑色の四つ葉のクローバー)」のエンブレムが添えられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュリエッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る