「水野和敏的視点」 vol.87 スズキ・アルトF(前編)

2015.02.13 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.87 スズキ・アルトF(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏。そんな水野氏が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くすのが『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回はスズキの意欲作、新型「アルト」に試乗する。


「水野和敏的視点」 vol.87 スズキ・アルトF(前編) の画像

「水野和敏的視点」 vol.87 スズキ・アルトF(前編) の画像
スズキ・アルトF
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1475mm/ホイールベース:2460mm/車重:620kg/駆動方式:FF/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ/トランスミッション:5段AT/最高出力:52ps/6500rpm/最大トルク:6.4kgm/4000rpm/タイヤ:(前)145/80R13 75S (後)145/80R13 75S/価格:84万7800円
スズキ・アルトF
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1475mm/ホイールベース:2460mm/車重:620kg/駆動方式:FF/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ/トランスミッション:5段AT/最高出力:52ps/6500rpm/最大トルク:6.4kgm/4000rpm/タイヤ:(前)145/80R13 75S (後)145/80R13 75S/価格:84万7800円

■AGS仕様に試乗

今回のテスト車は、スズキの新型アルトです。これまでのアルトとは一線を画す、斬新かつシンプルなデザインをまとったニューアルトは、クルマ好きの間にとどまらず、大きな話題になっています。

プラットフォームを新しくするにあたり、軽量化も徹底的に進め、先代比で約60kgも軽くなったといいます。FFのCVT車は、37.0km/リッターのカタログ燃費(JC08モード)を誇ります。

新しいアルトの価格は、84万7800円~122万9040円。このほか、バンも用意され、こちらは69万6600円からとなります。

さて、今回試乗するアルトは、AGSモデルこと2ペダル5段MT「オートギアシフト」を搭載したモデル。AGSは電動油圧アクチュエーターを用いてクラッチを自動で操作する、シングルクラッチ式のギアボックスです。最廉価の「F」とバンに、CVTモデルの替わりにラインナップされます。

AGSは比較的安価な機構なので、アジア市場をにらんだモデルに与えられることが多い。日本国内では圧倒的にCVTモデルが売れるはずですが、シングルクラッチ式のAGSがどれほどの完成度を誇っているのか興味はありませんか?

そこで今回は、AGSを採用したFに試乗してみます。さっそく走りだしてみましょう。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
アルトスズキ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.5.7 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る