トップ > ニュース >BMWとトヨタが環境技術で協力関係へ (2011.12.1)
BMWとトヨタは次世代リチウムイオンバッテリーの共同研究を開始することで合意。また、BMWはトヨタに2014年からディーゼルエンジンを供給する。
BMWとトヨタが環境技術で協力関係へ

BMWとトヨタが環境技術で協力関係へ

BMWグループとトヨタ自動車は2011年12月1日、環境技術における中長期的な協力関係の構築に向けた覚書に調印したと、東京都内で発表した。

BMWのクラウス・ドレーガー開発担当上級副社長。
BMWとトヨタが環境技術で協力関係へ
トヨタの内山田竹志取締役副社長。
BMWとトヨタが環境技術で協力関係へ

覚書によれば、両社は環境技術の中核となる次世代リチウムイオンバッテリーの共同研究を開始することで合意した。また、その他の環境技術についても、協業の検討を進めるという。

さらに、BMWとトヨタの欧州統括会社であるトヨタ・モーター・ヨーロッパは同日、ディーゼルエンジンの供給契約を締結し、2014年からBMW製の1.6リッターおよび2リッターのディーゼルエンジンが、欧州市場向けのトヨタ車に搭載されることになった。

BMWのクラウス・ドレーガー開発担当上級副社長は、「バッテリーはハイブリッド技術の未来にとって重要なだけでなく、未来のインディビジュアルモビリティーにとっても重要だ。最善の機能、コスト、品質を誇るバッテリーが搭載された自動車を提供できるメーカーが、より多くの顧客を獲得することになるだろう。われわれはハイブリッド車と電気自動車の両方で、ベンチマークを定めたいと考えている」と述べた。

一方、トヨタの内山田竹志取締役副社長は、「ドイツは従来より再生可能エネルギーやバッテリー技術の基礎研究が充実しており、BMWが蓄積してきた技術と連携して、次世代のバッテリー開発をよりスピーディーに、より高いレベルで進めることができるものと期待している」と語った。

(文=webCG 竹下元太郎/写真=峰昌宏)

mobileCGご紹介

週間アクセスランキング (ニュース)

注目の情報[PR]