日産がフーガを大幅改良、安全装備を強化

2015.02.13 自動車ニュース
「日産フーガ370GT」
「日産フーガ370GT」

日産が「フーガ」を大幅改良、安全装備を強化

日産自動車は2015年2月13日、4ドアセダン「フーガ」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「フーガ ハイブリッド」
「フーガ ハイブリッド」
「フーガ ハイブリッド」のフロントまわり。
「フーガ ハイブリッド」のフロントまわり。
「フーガ370GT Type S」
「フーガ370GT Type S」
「BSW(後側方車両検知警報)」のイラスト。
「BSW(後側方車両検知警報)」のイラスト。
「アラウンドビューモニター」(MOD<移動物検知>機能および駐車ガイド機能付き)
「アラウンドビューモニター」(MOD<移動物検知>機能および駐車ガイド機能付き)
「フーガ ハイブリッドVIP」のインテリア。
「フーガ ハイブリッドVIP」のインテリア。
日産がフーガを大幅改良、安全装備を強化の画像

今回のマイナーチェンジでは、従来モデルからエクステリアデザインを変更。特にフロントまわり、リアまわりについては大きく手を加えており、ウエーブメッシュパターンを採用したフロントグリルには、日産のバッジに代えて、新たにインフィニティのバッジを装着した。

安全装備も大幅に強化しており、2台前の車両の動きを検知し、前方車両の急な減速を予測する「PFCW」(前方衝突予測警報)や、約60km/hでも衝突回避が可能な「エマージェンシーブレーキ」(自動ブレーキ)などを採用。移動物検知機能付きのアラウンドビューモニターについては、全グレード標準装備としている。

これらを含む具体的な変更点は、以下の通り。

エクステリアにおける変更点および新装備
・フロントグリルにウエーブメッシュパターンを採用
・LEDポジショニングランプ
・LEDヘッドランプ
・LEDリアコンビネーションランプ
・サイドターンランプ内蔵電動格納式リモコンカラードドアミラー
・新デザインの18インチアルミホイール
・クロムの縁取りをあしらったLEDターンランプとLEDフォグランプを組み込んだ新形状フロントバンパー
・新形状トランクリッド
・新形状リアバンパー
・専用エアロバンパー(370GT Type S)
・「プレミアムブラウン」「ダークメタルグレー」「ダークブルー」の新色3色を含む全7色をボディーカラーに設定

安全装備の強化
・PFCW(前方衝突予測警報)
・エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)
・BSW(後側方車両検知警報)/BSI(後側方衝突防止支援システム)
・BCI(後退時衝突防止支援システム)
・MOD(移動物検知)機能および駐車ガイド機能を追加したアラウンドビューモニター(全車標準装備)
※アラウンドビューモニター以外は、「250GT Aパッケージ」「370GT FOUR Aパッケージ」「HYBRID Aパッケージ」を除く全グレードに標準装備。

その他の変更点
・ショックアブソーバー内部の高応答リップルコントロール形状の変更により、微小ストローク時のシールとピストンロッド間の摩擦抵抗を安定化。小刻みな振動や、うねりのある路面での上下ショックを低減し、スムーズな乗り心地を実現している。
・市街地走行時のロードノイズの遮断および高速走行時の遮音感を向上させるため、ロードノイズを低減する新高剛性18インチアルミホイールを採用したほか、ボディーに遮音材、吸音材、制振材を追加。
・ホールド性を高めて座り心地を向上した、新形状のリアシートを採用(ハイブリッドVIP、370VIP)
・内部に植毛処理を施したふた付き小物入れを追加

ラインナップと価格は以下の通り。
・250GT Aパッケージ:410万4000円
・250GT:471万960円
・250VIP:500万2560円
・370GT:502万4160円
・370GT Type S:562万2480円
・370GT FOUR Aパッケージ:464万4000円
・370GT FOUR:524万160円
・ハイブリッドAパッケージ:513万9720円
・ハイブリッド:620万5680円
・ハイブリッドVIP:674万5680円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る