コンパスのマークが目印のプジョー2008登場

2015.02.16 自動車ニュース
「プジョー2008 CROSSCITY(クロスシティ)」
「プジョー2008 CROSSCITY(クロスシティ)」

コンパスのマークが目印の「プジョー2008」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年2月16日、コンパクトSUV「プジョー2008」に特別仕様車「CROSSCITY(クロスシティ)」を設定し、100台限定で販売を開始した。

今回の2008クロスシティは、エントリーグレードの「プレミアム」をベースに、ブランドカラーであるブルーのアクセントや、プジョー発祥の地であるフランス・ソショーの位置を示すコンパスをモチーフにした専用マークなどで内外装をコーディネートした特別仕様車である。

具体的な特別装備の内容は以下の通り。
・CROSSCITY専用バッジ
・CROSSCITY専用ステッカー
・2008 CROSSCITYロゴおよびステッチ入り専用シート(アルカンターラ+テップレザー)
・マットブルーのセンターコンソール(ストライプ入り)およびインナーグリップ
・専用ステッチ入りステアリングホイール(穴あき加工)、およびパーキングブレーキ
・専用フロアマット

ボディーカラーは「パール・ホワイト」と「カラド・ブルー」の2色。価格は265万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • ジュネーブショー2016の会場から(その20) 2016.3.8 画像・写真 プジョーは第86回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2016年3月1日~3月13日)で、マイナーチェンジを施した新しい「2008」や、ワンボックスカーの「トラベラー」を発表した。同社のブースの様子を画像で紹介する。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • 地中海の色をイメージした「ルノー・カングー」発売 2017.2.23 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月23日、マルセイユから見渡す地中海の色をイメージしたボディーカラーをまとう、「カングー」の特別仕様車「クルール」を設定。同日、販売を開始した。
ホームへ戻る