コンパスのマークが目印のプジョー2008登場

2015.02.16 自動車ニュース
「プジョー2008 CROSSCITY(クロスシティ)」
「プジョー2008 CROSSCITY(クロスシティ)」

コンパスのマークが目印の「プジョー2008」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年2月16日、コンパクトSUV「プジョー2008」に特別仕様車「CROSSCITY(クロスシティ)」を設定し、100台限定で販売を開始した。

今回の2008クロスシティは、エントリーグレードの「プレミアム」をベースに、ブランドカラーであるブルーのアクセントや、プジョー発祥の地であるフランス・ソショーの位置を示すコンパスをモチーフにした専用マークなどで内外装をコーディネートした特別仕様車である。

具体的な特別装備の内容は以下の通り。
・CROSSCITY専用バッジ
・CROSSCITY専用ステッカー
・2008 CROSSCITYロゴおよびステッチ入り専用シート(アルカンターラ+テップレザー)
・マットブルーのセンターコンソール(ストライプ入り)およびインナーグリップ
・専用ステッチ入りステアリングホイール(穴あき加工)、およびパーキングブレーキ
・専用フロアマット

ボディーカラーは「パール・ホワイト」と「カラド・ブルー」の2色。価格は265万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 プジョー2008の魅力と実力<PR> 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
ホームへ戻る