第277回:これぞスリーダイヤの真骨頂 
三菱自慢の4WD技術を雪上で試す

2015.02.18 エッセイ

「ウイリス・ジープ」のノックダウン生産以来、長年にわたり4WD技術を培ってきた三菱自動車。現行ラインナップを雪上で試乗し、その実力を確かめた。

ランエボは日本人の誇りだった

人によるだろうが、現在42歳の僕の場合、三菱自動車といえば、まっ先にラリーシーンでの活躍を思い出す。ランチア、プジョー、トヨタ、そしてスバルとの激闘を繰り広げた歴代「ランサー エボリューション」の活躍を忘れられない。三菱の絶対的エースだったトミ・マキネンは、ランエボで1996年から4年連続でドライバーズチャンピオンに輝いた。当時はWRCで勝つためにほぼ毎年ランエボが進化していったし、それに応えるようにライバルの「スバル・インプレッサWRX STI」も進化を重ねた。あのころ、最大トルク40kgm級の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載した300万円前後のクルマなんて、ランエボとインプレッサを除けば世界に存在しなかった。両者は海外のクルマ好きからも憧れられ、そのことは日本人のプライドをくすぐった。

また、ラリーレイドでの活躍も忘れられない。「パジェロ」はパリ~ダカール・ラリー(現在のダカール・ラリー)で、2001~07年の7年連続を含む通算12回の総合優勝を飾った。長年、三菱の日本人エースとして活躍し、02、03年に総合優勝(01年もほぼ優勝間違いなしだったのに最終盤にライバルの不正がまかり通って2位に甘んじた!)を飾った増岡 浩さんは、現在では三菱の社員。車両開発に携わるほか、テレビCMでおなじみの、パジェロと「デリカD:5」が角度の付いたキャリアカーを登坂する実演を全国で披露しているという。

そうした三菱の技術力の象徴的な部分は、なんといっても4WD技術だ。地理的に降雪地帯が多いことから日本は4WDを得意とするメーカーが多数存在する国だが、50年代に警察予備隊(自衛隊の前身)に納入するために「ウイリス・ジープ」をノックダウン生産し始めた三菱には、4WDに関するノウハウが多数蓄積され、一日の長がある。

現在、三菱には細かく分けて8種類の4WDシステムが存在する。このうち日本で販売する現行モデルに使われているのは7種類。今回の試乗会では、主要な4種類のシステムを採用するモデルに雪上で試乗することができた。

北海道・新千歳モーターランドにて、特設の雪上コースを行く「三菱アウトランダーPHEV」。
北海道・新千歳モーターランドにて、特設の雪上コースを行く「三菱アウトランダーPHEV」。
試乗のために用意された5車種の4WD車。残念ながら「ランサーエボリューションX」は用意されていなかった。
試乗のために用意された5車種の4WD車。残念ながら「ランサーエボリューションX」は用意されていなかった。

第277回:これぞスリーダイヤの真骨頂 三菱自慢の4WD技術を雪上で試すの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ