第279回:アツい開発者と熱心なファンがガチンコ交流!! 
マツダ・ロードスター ファン感謝イベントの会場から

2015.02.19 エッセイ

新型「ロードスター」の発売を間近に控えて開催された、マツダの開発者とファンの交流イベント「THANKS DAY in JAPAN」。会場の盛り上がりと、開発者の口から出た新たな情報をリポートする。

気になる情報が次から次へと……

「ズバリ、ロードスターの価格帯はどうなるでしょう?」
「……、えー、あのー、はい、250万円から300万円ということで、これぐらいで勘弁してください」
(おおっ、と場内からどよめき)

「電動のホロは設定されますか」
「これははっきりとお答えできます。電動はありません」
(参加者のうち何人かが、さかんにうなずく。実は筆者もうなずきました)

「ボディーカラーに青はありますか?」
「えー、すみません、いまお話しできるのは、全部で7色というところまでなんです。でも、そうですね、青系の色相はあります。ただ、明度と彩度によって全然違う色になりますけど(苦笑)」

これは、2015年2月11日にマツダR&Dセンター横浜で開催された、「THANKS DAY in JAPAN 2nd」のひとこま。昨年9月に千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターでロードスターを1150名のファンにお披露目した「THANKS DAY in JAPAN」の第2弾ということになる。
マツダ・ロードスターの実車を見ながらチーフデザイナーなどの開発陣と話ができるとあって、参加希望者が殺到。広報部によれば約10倍という競争率の抽選に当選した幸運なロードスターファンが集った。

と、冷静なフリをして書いてみたけれど、1990年に初代モデルを購入して約13万km愛用した者として、聞いているだけで体温が上がりそうなエピソードのオンパレード。ちょっと前のめりになりながらイベントを取材した。

マツダの出席者は3名。まず商品本部の山口宗則氏が「開発の志」を語った。
山口氏によれば、新型ロードスターを漢字一文字で表すと「感」になるということだ。スペックやタイムよりも、クルマが手の内にあり、意のままに操れる軽快感、一体感を念頭に開発したという。
「NA(初代)、NB(2代目)、NC(3代目)の進化版ではなく、革新に挑みました」というくだりで、参加者の方から「ほーっ」というため息が聞こえた。いや、もしかしたら筆者自身のため息だったのかもしれない……。

新型「マツダ・ロードスター」と、今回のイベントの3人の登壇者。
新型「マツダ・ロードスター」と、今回のイベントの3人の登壇者。
「THANKS DAY in JAPAN 2nd」の会場となったのは、神奈川県のマツダR&Dセンター横浜。今後は大阪や愛知、静岡でも開催される予定だ。
「THANKS DAY in JAPAN 2nd」の会場となったのは、神奈川県のマツダR&Dセンター横浜。今後は大阪や愛知、静岡でも開催される予定だ。
会場では、まずは新型「マツダ・ロードスター」のベアシャシーが来場者をお出迎え。皆興味津々(しんしん)の様子で、席に着くより前にカメラを取り出す人も。
会場では、まずは新型「マツダ・ロードスター」のベアシャシーが来場者をお出迎え。皆興味津々(しんしん)の様子で、席に着くより前にカメラを取り出す人も。
イベントの冒頭でスピーチに立つ、商品本部の山口宗則氏。
イベントの冒頭でスピーチに立つ、商品本部の山口宗則氏。
いよいよ新型「ロードスター」がアンベール。2014年9月に発表済みとはいえ、まだ発売前のクルマなので、ここで初めて実物を見たという人が多かったはず。
いよいよ新型「ロードスター」がアンベール。2014年9月に発表済みとはいえ、まだ発売前のクルマなので、ここで初めて実物を見たという人が多かったはず。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る