デリバリーが始まった「MINIクーペ」を真ん中に据えたMINIブース。
まだまだ出てくる新型MINI

まだまだ出てくる新型MINI

BMWジャパンは第42回東京モーターショーにおいて、MINIブランドの最新モデルである「MINIクーペ」のほか、2011年のデトロイトショーでお披露目した「ペースマン コンセプト」をお披露目した。

独BMW AGのセールス&マーケティング担当上級副社長イアン・ロバートソン氏が、BMWブースに続いてスピーチを行った。
まだまだ出てくる新型MINI
クーペの傍らではカジュアルな服装のコンパニオンがニッコリ
まだまだ出てくる新型MINI
「ペースマン コンセプト」はクロスオーバーの2ドアクーペ版といういでたち。
まだまだ出てくる新型MINI

■ブリーフィングはあっさりと

BMWの直後に行われたMINIのプレスカンファレンス。壇上には、BMWのブースでもスピーチを担当した独BMW AGのセールス&マーケティング担当上級副社長イアン・ロバートソン氏が立った。

しかし、ふたりの上級副社長がガッツリとニューモデルや今後の取り組みを解説したBMWとは異なり、販売成績のほか、今回の展示の中心モデルである「MINIクーペ」と「ペースマン コンセプト」をさらっと紹介しただけ。プレスカンファレンスは時間も短く、非常にあっさりとしたものだった。

東京モーターショー一般公開日の12月3日からいよいよデリバリーが始まる「MINIクーペ」について、イアン・ロバートソン氏は「MINIのアイデンティティーを失うことなくスタイリッシュなルックスに仕立てた」ことをアピール。また、MINI特有のゴーカートフィールの走りにも、一層磨きを掛けたという。

また、「MINIクーペ」や、これからの日本導入が予定されている「MINIロードスター」に続く“第7のMINI”として、今回お披露目した「ペースマン コンセプト」が開発中であることも明らかになった。ペースマン コンセプトは4ドア4シーターの「MINIクロスオーバー」をベースに2ドアクーペとしたもの。発売時期などはアナウンスされなかったが、「クーペは構想から生産まで2年という短時間で仕上げた」ことを強調していたところをみると、もしかすると来年中には市販モデルがその姿を現すかもしれない。

「MINIクラブマン」の上に飾られているのは、今年からWRCに参戦している「ジョンクーパーワークスWRC」。
まだまだ出てくる新型MINI
こちらはMINIグッズを販売する自販機。
まだまだ出てくる新型MINI

■MINIクーペがもらえる!?

MINIは東京モーターショーの会期中、スマートフォンで遊べるバーチャルゲーム『MINIクーペ ハンティング大作戦』を展開する。
ゲームの内容は、「バーチャルなMINIクーペ」の保有権を奪い合うというもの。プレイするためのアプリケーションは、2011年12月3日13時に配信が開始され、東京モーターショー最終日の12月11日13時の時点で保有権を持っていた人にはなんと、バーチャルではない実車の「MINIクーペ」がプレゼントされるという。なお、ゲームがプレイ可能な場所はモーターショーの会場だけにとどまらず、東京23区内が対象となっている。

(文と写真=新井一樹)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIペースマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る