第386回:「デルタ」「ゴルフ」に「ロメオ」……
イタリアの工事現場に謎のサイン

2015.02.20 エッセイ

完成したら時代遅れだった

イタリア半島は山岳地や丘陵地が多い。したがって国道やアウトストラーダは、橋や切り通し、トンネルを駆使したものだ。それらの多くは、イタリアの高度経済成長期をはさむ1950~70年代に計画・建設されたものである。深い谷あいにそびえる橋脚を目の当たりにすると、当時の経済力がしのばれる。

ただし、感心してばかりもいられない。後年多くの区間で交通量や通過するクルマの平均速度が上がったにもかかわらず、半世紀近く前に建設されたままで供用されているのだ。
読者の方々がイメージしやすいようにいえば、2代目「フィアット・チンクエチェント」でトコトコ走っていた高速道路を、現在は制限速度130km/hを優に超えるスピードで、ドイツ製SUVが列を成すように通過している。

もっと興味深い関係者の証言がある。数年前イタリア公共放送RAIで放映されていたアウトストラーダ1号線「太陽の道」に関するドキュメントによれば、1964年にミラノ―ナポリ間が開通した時点で、すでに予想を上回る速さでクルマの普及が進行していて、道路の規格は古いものになっていたという。そのため現在も各地で、道路会社や自治体によって拡幅や高規格化の工事が進められている。

アペニン山脈をまたぐフィレンツェ―ボローニャ間は、A1号線「太陽の道」における最大の難所。にもかかわらず、1960年開通当時のままの片側2車線である。
拡幅工事が行われているものの、作業は大幅に遅れている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。