ボルボV70 T5 SE(FF/8AT)

熟成のボルボ 2015.02.19 試乗記 ゆとりのボディーを持つボルボのワゴン「V70」に、高効率をうたう新たなパワートレインが与えられた。果たして、その実力は? 横浜~函館間の長距離ドライブで確かめた。

時を経てなお健在

ボルボ自社設計による新しい2リッター4気筒直噴ターボエンジンを積んだV70で、雪道を含む800kmオーバーの長距離を走ってみた。
V70には1.6リッターの「T4」や3リッター6気筒の「T6」もラインナップされており、この中間車種は「T5」と呼ばれるが5気筒エンジンではない。新しい245psエンジンには、アイシンの8段ATが組み合わされる。

ATの多段化は流行でもある。ギア比の細分化は、つまるところ無段変速のCVTの特性に近づくような気もするが、CVTの節度感のない加速たるや、アクセルペダルを踏み込んでもエンジンだけブカブカと吹け上がって、終始中間でベルトが滑っているかのような感触である。燃費には有利とされるCVTであっても、そこが嫌われて衰退の兆しすら見える。
では、多段化されたトルクコンバーター式ATの真価とはどんなものか? じっくり吟味するとしよう。

V70そのものの現状としては、ボルボのラインナップの中で一番重要なポジションにありながら、今や最も古い部類に入ってしまい、そろそろ次期型も開発中とウワサされる状況ではあるが、時を経たものが持つ熟成された味や絶大なる信頼感を見出すことができる。クルマに関しては、モデル末期に向けて完成度が高まる例も多い。このV70などはまさにその典型といえるだろう。

日本には2007年末に導入が始まった、現行型の「ボルボV70」。現在、パワートレインの異なる3モデルがラインナップされる。
日本には2007年末に導入が始まった、現行型の「ボルボV70」。現在、パワートレインの異なる3モデルがラインナップされる。
インテリアの様子。2つの隆起を持つダッシュボードや、板状のセンターコンソールが特徴的。
インテリアの様子。2つの隆起を持つダッシュボードや、板状のセンターコンソールが特徴的。
オプション「レザーパッケージ」を選択したテスト車の本革シート。標準車はT-Tec/テキスタイルのコンビシートとなる。
オプション「レザーパッケージ」を選択したテスト車の本革シート。標準車はT-Tec/テキスタイルのコンビシートとなる。
函館の街を行く「V70 T5 SE」。
函館の街を行く「V70 T5 SE」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る