「CLSクラス」にV6ツインターボ搭載車が登場

2015.02.19 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツCLS400」
「メルセデス・ベンツCLS400」

「メルセデス・ベンツCLSクラス」にV6ツインターボ搭載車が登場

メルセデス・ベンツ日本は2015年2月18日、「CLSクラス クーペ/シューティングブレーク」に新グレード「CLS400」を追加し、受注を開始した。

「CLS400シューティングブレーク」
「CLS400シューティングブレーク」

CLS400は、最高出力333ps、最大トルク48.9kgmを発生する3.5リッターV6直噴ツインターボエンジンを搭載した新グレードで、2014年10月にカタログ落ちした「CLS350」の後継モデルにあたる。

装備については、前方の交通状況を1秒間に約100回検知し、片側24個のLEDを個別制御して効率的にヘッドライトを照射する「マルチビームLEDヘッドライト」や、19インチAMGマルチスポークアルミホイールなどからなる「AMGライン」を標準で備え、またエアスプリングと連続可変ダンパーを電子制御でコントロールする「AIRMATIC(エアマティック)サスペンション」を採用している。

ステアリング位置はクーペが左と右、シューティングブレークは右のみの設定となる。価格は以下の通り。

・CLS400:969万円
・CLS400シューティングブレーク:995万円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.23 試乗記 直4ターボの「Cクラス」と、V8ツインターボを搭載する「AMG C63」の中間に位置づけられる「メルセデスAMG C43」。その「ステーションワゴン」に試乗してわかったのは、このモデルならではのバランスのよさだった。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • メルセデス・ベンツC200ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)【試乗記】 2015.2.16 試乗記 6年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」に試乗。ワゴンボディーをまとうコンパクトメルセデスの「アジリティー」を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.6 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。
ホームへ戻る