マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(4WD/6MT)

生真面目なパートナー 2015.02.25 試乗記 2014年の大幅改良により、「マツダ・アテンザ」にMT仕様のディーゼル4WD車が登場。日本で買えるクルマの中でも群を抜いてマニアックな一台の魅力に触れた。

日本では屈指のマニアックさ

ワゴンの、ディーゼルの、マニュアルの、ヨンク。ちょっとマニアックなスペックの国産車が登場した。2014年11月の大幅改良と同時に4WDが追加された結果、マツダ・アテンザにラインナップされた選択肢だ。

なにをもってマニアックと言うかは、意見の分かれるところだが、2年間に約8500台しか作られず、日本では200台ほどしか販売されなかったクルマを所有する自分はマニアックだと言われるので、希少性が関係していることは間違いないだろう。そこへ行くと今回の取材車は合格だ。
SUVやクロスオーバーの人気に押されて、今や国産ワゴンは「トヨタ・プリウスα」と双子車の「ダイハツ・メビウス」を含めてもたった8車種。一方、ディーゼルの乗用車はマツダと三菱の6車種のみ。つまりディーゼルワゴンという時点でアテンザのみだ。4WDワゴンはほかに「スバル・レヴォーグ」があるけれど、MTのワゴンもまたアテンザだけとなる。
輸入車にも目を向ければ、4WDワゴンは数車種あるものの、ディーゼルワゴンは「BMW 3/5シリーズ」と「アルピナD3」「メルセデス・ベンツEクラス」、MTのワゴンは「MINIクラブマン」と「ルノー・メガーヌ」だけだ。

ヨーロッパに行けば、例えば3シリーズツーリングにディーゼル・MT・4WDという仕様は存在するけれど、それが輸入されないのは需要が少ないからで、あえて車種を用意したマツダはやっぱりマニアックな会社なのかもしれない。
ただしアテンザは高級車ではない。試乗した「XD Lパッケージ」は最上級グレードで、400万円近くするものの、ベースグレードの「XD」なら同じMT・4WDでも350万円を切る。限られた顧客向けの商品ではない。
しかも次ページ以降に記したように、大幅改良を実施したアテンザは従来以上に、万人に薦めたくなる良車になった。だからこそマニアックな設定が目立つのだ。

アテンザに採用される4WDシステム「i-ACTIV AWD」は、FFベースのアクティブオンデマンド式。状況に応じて前軸と後軸のトルク配分を制御する。
アテンザに採用される4WDシステム「i-ACTIV AWD」は、FFベースのアクティブオンデマンド式。状況に応じて前軸と後軸のトルク配分を制御する。
インテリアでは、インストゥルメントパネルやセンターコンソールのデザインを変更。インフォテインメントシステムのモニターの位置は、インパネの上に変更となった。
インテリアでは、インストゥルメントパネルやセンターコンソールのデザインを変更。インフォテインメントシステムのモニターの位置は、インパネの上に変更となった。
今回の改良では、電動パーキングブレーキやカーナビなどを操作するダイヤル式のコントローラーが新たに採用された。
今回の改良では、電動パーキングブレーキやカーナビなどを操作するダイヤル式のコントローラーが新たに採用された。
「アテンザ」の4WD車には、ヘッドランプウオッシャーやリアフォグランプが標準装備される。
「アテンザ」の4WD車には、ヘッドランプウオッシャーやリアフォグランプが標準装備される。
関連記事 ホームへ戻る