新型キャデラック・エスカレードがデビュー

2015.02.20 自動車ニュース
新型「キャデラック・エスカレード」
新型「キャデラック・エスカレード」

新型「キャデラック・エスカレード」がデビュー

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年2月19日、高級SUV「エスカレード」の新型を発表。正式受注を開始した。デリバリーは同年春以降になる見込み。


新型キャデラック・エスカレードがデビューの画像

新型キャデラック・エスカレードがデビューの画像
インテリアの透視図。写真は2列目と3列目のシートを前方に倒した状態。
インテリアの透視図。写真は2列目と3列目のシートを前方に倒した状態。

エンジンは大排気量のV8、1種類のみ。


    エンジンは大排気量のV8、1種類のみ。

新型キャデラック・エスカレードがデビューの画像

今回日本に導入される最新型のエスカレードは、1999年にデビューした初代から数えて、4世代目にあたるモデル。「ひと目でキャデラックとわかるエレガントかつ斬新なデザイン」や「旅客機のファーストクラスをほうふつさせる豪華なインテリア」、「先進的な安全装備」などがセリングポイントとなっている。

日本仕様車のボディーサイズは、全長×全幅×全高=5195×2065×1910mmで、先代モデルと比べた場合、40mm長く、25mm幅広く、35mm低くなる。ホイールベースは2950mmで変わらない。
LEDを用いたヘッドランプやシャープな縦型のリアコンビランプ、特大の22インチアルミホイールなどで個性がアピールされる。

室内は、2-2-3フォーメーションによる、3列シートの7人乗り。素材の上質感や、空間としての静粛性・快適性は当然のことながら、2列目/3列目シートを倒すことで得られる広大なラゲッジスペース、各部の電動調節機構なども見どころとなっている。ハンドル位置は、左のみ。

パワーユニットは、気筒休止システムが備わる新型の6.2リッターV8 OHC。最高出力426ps、最大トルク63.5kgmを発生する。6段ATを介して4輪を駆動、2650kgの重量級ボディーを5.96秒で60mph(約96km/h)にまで加速させる。ハイウェイにおける燃費(EPA推定値)は、先代モデルに比べ17%アップの約8.9km/リッター。
サスペンションは、前がダブルウィッシュボーン式、後ろは5リンクのリジッド式となっており、磁性流体を使った最新のダンパー制御システムと相まって、安定した走りを実現するという。

レーダーと超音波センサーを用いたフロント・オートマチック・ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)や、全車速追従機能付きのアダプティブ・クルーズ・コントロール、レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告機能)、リア・クロス・トラフィック・アラート(後退時安全確認警告機能)、さらに側面衝突時に運転席と助手席の間で展開し乗員を保護するフロントセンターエアバッグなど、最新の運転支援システムや安全装備も多数搭載されている。

価格は、ベースグレードとなる「キャデラック・エスカレード プレミアム」が1149万円で、“贅(ぜい)の限りを尽くした”とされる装備充実のグレード「キャデラック・エスカレード プラチナム」が1249万円。

(webCG)

関連キーワード:
エスカレードキャデラック新車自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックXT5クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.1 試乗記 キャデラックから、新型SUV「XT5クロスオーバー」が登場。熾烈(しれつ)なSUV市場に投入されるニューモデルの実力はどれほどのものか。車名もエンジンもプラットフォームも、従来モデルからすべてが一新されたキャデラック入魂の一台を試す。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • 谷口信輝の新車試乗――キャデラック・エスカレード プラチナム(前編) 2017.10.19 mobileCG
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記