第93回:善人親子は“ローマのクルマ”で幸福を呼ぶ
『フェラーリの運ぶ夢』

2015.02.20 エッセイ

信号無視を自己申告する正直者

つい先日「ランチョーが帰ってきた!」という書き出しで『チェイス!』を紹介したばかりなのだが、今度は「ラージューが帰ってきた!」と言わせてほしい。2013年に公開された『きっと、うまくいく』の話である。公開規模は小さかったが新時代のインド映画として日本でも大好評で、年間ナンバーワン作品に挙げる人も多かった。

主人公のランチョーを演じたアーミル・カーンが新作で激しいアクションを披露したのに対し、心優しい青年ラージュー役だったシャルマン・ジョシは今回も極め付きの“いい人”である。善人役がこれほどよく似合う役者も珍しい。顔面が性格のよさを語っているのだ。少し下がり気味の眉毛が気弱そうな表情を作り、見事な左右対称で口角が上る笑顔を見せるのだから善意しか感じられない。実際、バカが付くほどの正直者である。スクーターで走っていてうっかり信号無視をしてしまうと、誰も見ていなかったのにわざわざ警察に出向いて自己申告し、罰金を払わせてほしいと願い出るのだ。

彼は交通局に務める平凡なサラリーマンのルーシーで、亡き妻の忘れ形見である12歳のカヨ(リトウィク・サホレ)を育てている。クリケットチームのエースで、キャプテンを務める自慢の息子だ。こちらも根っからの正直者である。試合で好守備を見せアウトが宣告された時、自分の足が出ていたからアウトではないと審判に申し出るのだから、父親の影響に違いない。

貧しくて靴やバットも満足なものを買えないが、大都市ムンバイで親子仲良く暮らしている。ひとつ問題があるとすれば、ルーシーの父親ベーラムだ。カヨがクリケットに熱中していることが気にくわないようで、いつも不機嫌なのだ。

(c)Vinod Chopra Producitons
(c)Vinod Chopra Producitons

第93回:善人親子は“ローマのクルマ”で幸福を呼ぶ『フェラーリの運ぶ夢』の画像

第93回:善人親子は“ローマのクルマ”で幸福を呼ぶ『フェラーリの運ぶ夢』の画像

第93回:善人親子は“ローマのクルマ”で幸福を呼ぶ『フェラーリの運ぶ夢』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。