「Zカーの父」片山 豊氏が死去

2015.02.23 自動車ニュース

「Zカーの父」片山 豊氏が死去

「Zカーの父」として知られる“ミスターK”こと元米国日産社長 片山 豊(かたやま ゆたか)氏が2015年2月19日、心不全により死去した。享年105。

1909年静岡県生まれの片山氏は、35年に日産自動車に入社。宣伝課長だった戦後の51年に、日産だけでなくメーカー各社がそろって日本の自動車工業をPRする場として東京モーターショーを企画。先頭に立って尽力し、54年の初開催を実現した。現在も使われている、ギリシャ彫刻風の東京モーターショーのシンボルマークも、片山氏のアイデアによるものである。58年には日産初の国際舞台への挑戦だった、「ダットサン210」による豪州一周ラリーへの参戦を企画、見事クラス優勝という結果をもたらした。

1960年に渡米、ロサンゼルスに設立された米国日産の初代社長を務め、日産車の拡販に貢献。特に企画段階から携わった初代「ダットサンZ」(国内名:「フェアレディZ」)の大ヒットにより「Zカーの父」としてその名を知られることになり、功績を認められ98年には米国自動車殿堂入りを果たした。

1977年の退任後も自動車人として積極的に活動。世界中で開催されるZカーのクラブイベントに招かれ出席するなど、愛好家やオーナーとの交流を大切にしていた。片山氏は1世紀を超える生涯にわたって、ファンへのサインに書き添えていたスローガンである“Love life, love cars”を実践した、偉大なるカーガイだった。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。