第387回:三菱の「180SX」? 謎の教習車発見!
スイスのドライビングスクール訪問記

2015.02.27 エッセイ

スイスの雪山にコンペティションカー!?

先日クルマで国境を越えてスイスのルツェルンに赴いたときである。郊外のホテルで、取材したばかりの原稿を書いていたら、以前から知り合いである宿の主人から部屋に電話が入った。
「何やってんだ?」
ボクが「外は雪だから仕事中だよ」と答えると、彼は「雪が降ってるからこそ、面白いところに連れていこう」と提案する。といっても、今回は仕事で来たので、スキー用装備など持ってきていない。

なんだかわからないうちに、宿の主人のクルマに乗せられ、山の上のほうに連れて行かれた。着いたところは、山の中腹にある雪で覆われた小さな平地だった。やがてひとりのおじさんが、除雪用トラクターから降りてきた。宿の主人の友達だという。そして一角に建つ建物のなかに、笑顔で手招きする。一歩足を踏み入れて、言葉を失った。中にはコンペティションカーがぎっしりと並んでいた。それらの鮮やかな色彩は、外部の銀世界とはあまりに対照的で、目がくらくらした。

な、なんですか。コレは……。

ドライビングスクール「イベント・ゼーリスベルク」を主宰するハンス・ショーリさんと、息子のイヴさん。インストラクション用車両の「三菱ランサーエボリューション」は5台を所有。
こちらの「三菱ランサーRSエボリューション」は、ハンスさんが各地のレースに参戦するためのマシン。
ハンスさん、20年にわたる戦いを収めたプライベート映像DVD2巻。「ランサーRSエボリューション」の巻には、「Bergmonster(山の怪物)」のサブタイトルが。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。