シボレー・コルベットZ06(FR/7MT)/コルベットZ06(FR/8AT)

さらに高みへ 2015.02.26 試乗記 「コルベット史上最強」とうたわれる現行型をベースに、6.2リッターV8ユニットをスーパーチャージャーで659psまでドーピングした真の最強コルベットが「Z06」だ。日本への正式導入に先立ち、アメリカでステアリングを握った。

史上最強のコルベット

「カマロ」がエアコンまでかなぐり捨てた本気走り仕様の「Z28」でニュル7分37秒台のタイムを記録したかと思えば、新型「マスタング」は同様の仕立てとなる「GT350R」でその記録を5秒以上更新、一方のクライスラーは「チャージャー/チャレンジャー」に700psオーバーのスーパーチャージドV8を積んだ「ヘルキャット」を公道に解き放ち……。

と、近頃2ドア・アメ車の世界では、度が過ぎるほどのパフォーマンスバトルが繰り広げられている。これほど激アツな三つどもえは1960年代後半のマッスルカーブーム以来だろう。思えばいずれも、その時代のオリジナルをモチーフにモダナイズされた意匠をまとっている。ベビーブーマーにはまぶしかったあの頃を思い出させるものとして、若者にはスーパーカーリーグで気を吐く身近なヒーローとして、これらはアメリカで支持を集めているようだ。

それにしても、シェールだなんだという話になった途端のそれ。なんだかんだ言っても、彼らの本音はごっついガタイにでっかいV8なんだなぁとしみじみさせられる。

と、いくら周囲がキャッキャと盛り上がろうが、あるいはどよ~んとへこみまくろうが、コルベットは常に自分の方法で自分の道を突き進んできた。量販スポーツカーとしてのれんを守り続ける最古のクルマ。その称号がだてではないだけに、彼らいわくの「史上最強」はすごみを増して伝わってくる。

「コルベット」のハイパフォーマンスモデル「Z06」は2014年1月のデトロイトモーターショーで発表された。日本では2014年11月、“カスタムオーダー・キャンペーン”と称し、30台が先行受注された。
標準型と比べて一段とスポーティーに仕立てられたインテリア。“フラットボトム”タイプのステアリングホイールが装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る