フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)/ジープ・グランドチェロキー ラレード(4WD/8AT)

気取らない実力派 2015.03.03 試乗記 FCAが擁するイタリアとアメリカのブランドの中から、注目モデルをピックアップ。スポーティーなアルファ・ロメオとクライスラーを取り上げた前編に続いては、オフロード走行に強みを見せる、フィアットとジープの試乗インプレッションを報告する。

しゃれているけど悪路もイケる ―― フィアット・パンダ4×4

さて、FCA最新モデルの試乗も後半ということで(前編はこちら)、中継地点の軽井沢にて「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ ローンチエディション」から「フィアット・パンダ4×4」に乗り換える。

ご承知のとおりパンダ4×4は2014年10月、現行パンダに全国340台の限定車として追加された6MTの四輪駆動モデルだ。
フルタイム4WDシステムは最新のトルクオンデマンド式。通常時はFFでの走行となるが、電子制御により、状況に応じて必要な駆動力が分配される。また低ミュー路用の電子式デフロック(ELD:エレクトロニック・ロッキング・ディファレンシャル)も備えており、50km/h以下の状況であれば、シフトノブの奥にあるボタンを押すことでデフロック機構を作動させることが可能だ。


ジュリエッタから乗り換えると、パンダ4×4は「大衆車的」に感じられる。ジュリエッタはドアの開閉ひとつとっても「厳かな感じ」が若干ただようが、パンダ4×4にはそういったものは一切ない。その造形とタッチは、イタリアのおっさんが普通のコーヒーを飲みに集まる普通のバールのようだ。しかしそれこそがパンダというクルマの真骨頂であるはずで、今回のパンダ4×4が「妙な高級感」など携えてなくて本当によかったと思う。

とはいえそのデザインセンスは「信頼のイタリアもの」ゆえ、貧乏くささはみじんもない。特にドア内側最上部、黒い部分にある多数の細かな凹凸が単なるシボではなく、「PANDAPANDAPANDA……」とひたすら刻印されていたのを発見した際は(しかも、たまに文字の向きを変えたり小文字を挟むなどの小ワザも利いてる)、イタリア人のセンスに震撼(しんかん)した。

コンパクトな四輪駆動車「フィアット・パンダ4×4(フォー バイ フォー)」。日本市場には、台数限定で導入された。
ボディーサイドには、その特徴を示すディテールも。
インテリアの様子。ポップなデザインのインストゥルメントパネルやシート地が目を引く。
ドアの内張り部分。一見、何の変哲もない樹脂パーツだが、よく目を凝らせば、一面に「PANDA」の文字が……。

現在FCAが擁する、5ブランドのクルマたち。写真左から、「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ」「クライスラー300 SRT8+」、今回の主役「フィアット・パンダ4×4」をはさんで、「ジープ・チェロキー」「アバルト595Cツーリズモ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る