マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)

あえて言わせてもらうなら…… 2015.02.27 試乗記 内外装デザインから走り、そして安全性能にいたるまで大幅な改良を受けた「CX-5」。確かに進化して熟成の度合いを深めているが、そこをあえて言わせてもらうなら……。ガソリン仕様の最上級グレード「25S Lパッケージ」に試乗した。

「人馬一体」に上質さを

マツダの成功作というと、記憶に新しいせいか、どうしてもまず「デミオ」を思い出してしまう。しかし近年、マツダを成功へと導いた立役者といえば「アテンザ」であり「CX-5」である。

その2台が2014年11月、大規模なマイナーチェンジを受け、さらなる進化を遂げたのはご承知のとおり。CX-5といえばディーゼルエンジン搭載車が主役というイメージがあると思うが、聞けば、国内販売比率は引き続きディーゼルが約8割を占めているという。それならば……と選んだのは、ガソリンモデルの最上級グレード「25S Lパッケージ」。ディーゼルが8割を占めるということよりも、ガソリンがなぜ2割なのか? ということに興味を抱いたワケである。

なお今回のマイナーチェンジではディーゼル、ガソリンを問わずエンジンそのものには特に変更がないようで、内外装デザインの変更と先進安全技術の「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の進化、そして乗り心地や遮音など快適性の質感向上などが主な内容となっている。

ちなみに、CX-5は2013年の時点で新構造のリアダンパーを採用して乗り心地の改善を図ったが、今回はさらに前後のダンパーを見直し、それに加えてサスペンションの構成パーツにも手を入れてきた。その目的はマツダの十八番(おはこ)である「人馬一体」のハンドリングフィールに上質さを加えるためだったそうだ。

内外装に機能性、乗り心地、そして安全性と、さまざまな領域で進化を遂げた「CX-5」。試乗車はAWD仕様。
内外装に機能性、乗り心地、そして安全性と、さまざまな領域で進化を遂げた「CX-5」。試乗車はAWD仕様。
スマートフォンと連携する「マツダコネクト」が採用されたほか、インパネデコレーションパネルなどの質感向上が図られている。フロントドアポケットの容量も拡大された。
スマートフォンと連携する「マツダコネクト」が採用されたほか、インパネデコレーションパネルなどの質感向上が図られている。フロントドアポケットの容量も拡大された。
AWDモデルではリアフォグランプ(リアバンパーの両端に位置する)が標準で装備される。
AWDモデルではリアフォグランプ(リアバンパーの両端に位置する)が標準で装備される。
関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る