マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)

あえて言わせてもらうなら…… 2015.02.27 試乗記 内外装デザインから走り、そして安全性能にいたるまで大幅な改良を受けた「CX-5」。確かに進化して熟成の度合いを深めているが、そこをあえて言わせてもらうなら……。ガソリン仕様の最上級グレード「25S Lパッケージ」に試乗した。

「人馬一体」に上質さを

マツダの成功作というと、記憶に新しいせいか、どうしてもまず「デミオ」を思い出してしまう。しかし近年、マツダを成功へと導いた立役者といえば「アテンザ」であり「CX-5」である。

その2台が2014年11月、大規模なマイナーチェンジを受け、さらなる進化を遂げたのはご承知のとおり。CX-5といえばディーゼルエンジン搭載車が主役というイメージがあると思うが、聞けば、国内販売比率は引き続きディーゼルが約8割を占めているという。それならば……と選んだのは、ガソリンモデルの最上級グレード「25S Lパッケージ」。ディーゼルが8割を占めるということよりも、ガソリンがなぜ2割なのか? ということに興味を抱いたワケである。

なお今回のマイナーチェンジではディーゼル、ガソリンを問わずエンジンそのものには特に変更がないようで、内外装デザインの変更と先進安全技術の「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の進化、そして乗り心地や遮音など快適性の質感向上などが主な内容となっている。

ちなみに、CX-5は2013年の時点で新構造のリアダンパーを採用して乗り心地の改善を図ったが、今回はさらに前後のダンパーを見直し、それに加えてサスペンションの構成パーツにも手を入れてきた。その目的はマツダの十八番(おはこ)である「人馬一体」のハンドリングフィールに上質さを加えるためだったそうだ。

内外装に機能性、乗り心地、そして安全性と、さまざまな領域で進化を遂げた「CX-5」。試乗車はAWD仕様。
内外装に機能性、乗り心地、そして安全性と、さまざまな領域で進化を遂げた「CX-5」。試乗車はAWD仕様。
スマートフォンと連携する「マツダコネクト」が採用されたほか、インパネデコレーションパネルなどの質感向上が図られている。フロントドアポケットの容量も拡大された。
スマートフォンと連携する「マツダコネクト」が採用されたほか、インパネデコレーションパネルなどの質感向上が図られている。フロントドアポケットの容量も拡大された。
AWDモデルではリアフォグランプ(リアバンパーの両端に位置する)が標準で装備される。
AWDモデルではリアフォグランプ(リアバンパーの両端に位置する)が標準で装備される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る