クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トヨタ・アルファード ハイブリッド車 エグゼクティブラウンジ(4WD/CVT)/アルファード ガソリン車 2.5リッター G 7人乗り(FF/CVT)/アルファード ガソリン車 3.5リッター SA 7人乗り(FF/6AT)/ヴェルファイア ガソリン車 3.5リッター VL 7人乗り(FF/6AT)

これぞ日本のおもてなし 2015.02.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。

注目度はバツグン

去る1月26日にフルモデルチェンジを受けたトヨタ・アルファードおよびヴェルファイアの試乗会が横浜で行われた。2002年に初代が登場したアルファードはこれが3代目。一方、2008年の2代目アルファードのデビュー時にお披露目されたヴェルファイアはこれが2代目となる。

アルファードとヴェルファイアはデザインこそ違え、中身は基本的に共通だという。したがって、「豪華・勇壮」をキーワードにどっしりとした安定感のあるフロントグリルを備えたアルファードを選ぶか、「大胆・不敵」をテーマに2段ヘッドランプの目元などシャープなデザインが与えられたヴェルファイアにするかは、形の好き嫌いということになる。

新型アルファード/ヴェルファイアの注目度は高く、試乗の途中で首都高速の大黒パーキングエリアで試乗車を乗り換えたり、運転席でメモをとったりしていると、熱い視線を浴びる。

走りだす前にグレード構成を紹介すると、まずパワートレインは3種類。2.5リッター直列4気筒ガソリン(182ps)はCVTとの組み合わせ、3.5リッターV型6気筒ガソリンは6段ATとの組み合わせ、そして2.5リッター直4にモーターを組み合わせたハイブリッドの3つだ。ハイブリッドモデルのシステム最高出力は197ps、JC08モード燃費は18.4~19.4km/リッター。ハイブリッド車は四輪駆動のみで、ガソリンエンジン搭載モデルは前輪駆動と四輪駆動が選べる。

2.5リッターとハイブリッドでは1列目から「2・3・3」の8人乗り仕様が選べるけれど、3.5リッターは「2・2・3」の7人乗り仕様のみの設定となる。
また、7人乗り仕様の2列目シートの幅を10cm広げ、座面と背面のサイズにも余裕をもたせた「Executive Lounge(エグゼクティブラウンジ)」という仕様が新たに設定された。この仕様は、アルファード/ヴェルファイアともに、3.5リッターとハイブリッドに設定される。
まずはハイブリッドの「エグゼクティブラウンジ」から試乗をスタートする。

試乗会の会場に並べられた、新型「アルファード/ヴェルファイア」。2015年1月26日に発売された。
試乗会の会場に並べられた、新型「アルファード/ヴェルファイア」。2015年1月26日に発売された。
    拡大
2段式ヘッドランプが特徴の「ヴェルファイア」。ベーシックな装いのグレード(写真)に加え、専用のエアロパーツでドレスアップした仕様もラインナップされる。
2段式ヘッドランプが特徴の「ヴェルファイア」。ベーシックな装いのグレード(写真)に加え、専用のエアロパーツでドレスアップした仕様もラインナップされる。
    拡大
乗降性のよさも、新型のセリングポイント。後部スライドドアの開口幅は780mmが確保され、乗り込み口のステップ高は350mmに抑えられている。
乗降性のよさも、新型のセリングポイント。後部スライドドアの開口幅は780mmが確保され、乗り込み口のステップ高は350mmに抑えられている。
    拡大
7人乗り仕様車の2列目。写真は「リラックスキャプテンシート」と名付けらた、ベーシックな仕立てのもの。(写真をクリックするとシートスライドの様子が見られます)
7人乗り仕様車の2列目。写真は「リラックスキャプテンシート」と名付けらた、ベーシックな仕立てのもの。(写真をクリックするとシートスライドの様子が見られます)
    拡大
「威勢のよい独自の存在感を強調した」というリアビュー。独特な形状のリアコンビランプは、「厚みのある瓦が重なった様子」をモチーフにデザインされている。
「威勢のよい独自の存在感を強調した」というリアビュー。独特な形状のリアコンビランプは、「厚みのある瓦が重なった様子」をモチーフにデザインされている。
    拡大
注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ

さながら「大名の駕籠」

冒頭で、新型アルファード/ヴェルファイアが注目を集めたと書いたけれど、なぜ日本人はミニバンが好きなのか?
ヨーロッパでボンネットが長いクルマが憧れの対象となるのは、クルマが馬車の代わりの役目を果たしたからだという説がある。身分の高い人やお金のある人は、4頭仕立て、8頭仕立ての先っちょが長い馬車に乗った。だからヨーロッパ人にはロングノーズのフォルムが高級だと刷り込まれ、「高級車=ボンネットが長い」という図式となった。

一方、日本はそうではなかった。日本人がひれ伏したのは馬車ではなく、大名行列の駕籠(かご)だった。だから四角くて高い所から見下ろすミニバンが好まれるのだ。こう言うとみなさん鼻で笑うけれど、あながち的外れではないと自負している。
新型アルファード/ヴェルファイアのデビューにあたってトヨタは「ミニバンではなく“大空間高級サルーン”である」と力説するけれど、四角くて目線が高いミニバンが高級車だという考え方は、駕籠の歴史に鑑みて正しいのではないか。

というわけで、大名の気分を味わうべく、まずは2列目シートを試してみる。
シートのサイズを大きくした効果は顕著で、ゆったりと座ることができる。ソフトで滑らかなレザーの肌触りもいい。
パワーオットマンで足を伸ばして、LEDの読書灯をパチリ。アームレストからコンパクトなテーブルを引っ張り出して、パソコンを広げて仕事をするもよし、リアシート用のエンターテインメントシステムで映画でも見てリラックスするもよし、ベンチレーション完備のシートで熟睡するもよし。

2列目シートの電源は1500W(ガソリン車は1000W)までを許容するから、パソコンやスマホの充電には十分すぎる。webCG編集部のSさんに運転手役を務めてもらいながら体験した2列目シートは快適で、やはり駕籠は担ぐより担がれるほうが正解なのではないかと思う。
ところが大黒パーキングエリアで運転を交代すると、「これは新しい時代のショーファードリブンではないか」という思いは、少しグラついた。

「アルファード ハイブリッド車 エグゼクティブラウンジ」。この角度から見ると、ボディーサイドの面構成がよくわかる。
「アルファード ハイブリッド車 エグゼクティブラウンジ」。この角度から見ると、ボディーサイドの面構成がよくわかる。
    拡大
「堂々とした品格を表現した」というフロントグリル。中央のエンブレム部は、ガソリンエンジン車とハイブリッド車で色が異なる(前者が黒で、後者は青)。
「堂々とした品格を表現した」というフロントグリル。中央のエンブレム部は、ガソリンエンジン車とハイブリッド車で色が異なる(前者が黒で、後者は青)。
    拡大
「アルファード」「ヴェルファイア」それぞれに最上級グレードとして設定される「Executive Lounge」の、2列目「エグゼクティブラウンジシート」。身長180cmの筆者が座ると、ご覧のようになる。シート幅そのものが他グレードに比べて100mm広いうえに、豊富な快適装備が与えられる。
「アルファード」「ヴェルファイア」それぞれに最上級グレードとして設定される「Executive Lounge」の、2列目「エグゼクティブラウンジシート」。身長180cmの筆者が座ると、ご覧のようになる。シート幅そのものが他グレードに比べて100mm広いうえに、豊富な快適装備が与えられる。
    拡大
「エグゼクティブラウンジシート」の特徴的な装備の一つ、格納式テーブル。シート表皮にはセミアニリン本革がおごられ、ベンチレーションや温度調節の機能も与えられる。
「エグゼクティブラウンジシート」の特徴的な装備の一つ、格納式テーブル。シート表皮にはセミアニリン本革がおごられ、ベンチレーションや温度調節の機能も与えられる。
    拡大
荷室のフロア下には、予備の収納スペースが確保される。3列目のシートレールを避けるように開口部を設けたのがポイントで、「シートアレンジと収納力を高いレベルで両立させた」と開発陣も胸を張る。トヨタが想定する主な収納物は、着替え用の靴やスペアタイヤ。3列目シート中央席の取り外し式ヘッドレストも、この中におさまる。
荷室のフロア下には、予備の収納スペースが確保される。3列目のシートレールを避けるように開口部を設けたのがポイントで、「シートアレンジと収納力を高いレベルで両立させた」と開発陣も胸を張る。トヨタが想定する主な収納物は、着替え用の靴やスペアタイヤ。3列目シート中央席の取り外し式ヘッドレストも、この中におさまる。
    拡大

一番いいのは運転席!?

なぜグラついたかといえば、1列目シートのほうが2列目より乗り心地がいいと感じたからだ。お尻で感じる路面からのショックが、1列目のほうが明らかに少ない。
これはハイブリッド仕様に限らず、この日試乗したすべてのグレードで同じだった。

1列目シートに好感を持ったのは、そのドライブフィールにもある。中速コーナーと高速コーナーの連続で、ステアリングの正確さを感じるのだ。ステアリングを切ると、操舵(そうだ)は一度でピタリと決まり、コーナーをクリアする。切り増したり、逆に切り過ぎて戻すような失態を演じることはない。
そして軽いロールを伴いつつ、安定した姿勢を保ちつつコーナリングを完了する。あまり調子に乗りすぎると、2列目シートに座った社長や議員先生に叱られそうだ。

胸がスカッとしたり、「ヤッホー!」と叫びたくなるような、エキサイティングなファン・トゥ・ドライブではない。けれども、よくできたものを操っている感覚は間違いなくある。
そのあたりにあまり期待していなかったといっては失礼だけど、これはちょっとした驚きだった。あるいは、よくできたジャンボ旅客機というものがあるとしたら、それを操縦する機長の気分だろうか。きりもみ回転などのアクロバティックな動きはしないけれど、いい仕事をしている実感が得られる。

THS IIと呼ばれるハイブリッドシステムは、すでに「ハリアー」のハイブリッドモデルなどで使われているものと同じ。モーターとエンジンがシームレスに仕事を分担したりコラボしたりしながら、走行状況に応じた適切なパワーを発生する。

このモーターとエンジンの関係は、サイモン&ガーファンクルのようである。あるパートはソロで歌い、あるパートはメインで歌うポール・サイモンの後でアート・ガーファンクルが控え目にコーラスを付け、サビでは声を合わせる。ふたりが別々の仕事をしながら、ひとつのユニットとして優れたパフォーマンスを見せてくれる。


トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】の画像 拡大
外観と同様、「堂々とした車格感を追求した」というインテリア。写真は「エグゼクティブラウンジ」のものだが、グレードによる基本デザインの差異はない。
外観と同様、「堂々とした車格感を追求した」というインテリア。写真は「エグゼクティブラウンジ」のものだが、グレードによる基本デザインの差異はない。
    拡大
ハイブリッド車のメーターパネル。アナログ式の大きなメーターそれぞれの内側に、小さなメーター(左:水温計、右:燃料計)がレイアウトされる。
ハイブリッド車のメーターパネル。アナログ式の大きなメーターそれぞれの内側に、小さなメーター(左:水温計、右:燃料計)がレイアウトされる。
    拡大
ハイブリッド車のパワーユニット。2.5リッター直4エンジンを電動モーターがサポートする。システム最高出力は197ps。
ハイブリッド車のパワーユニット。2.5リッター直4エンジンを電動モーターがサポートする。システム最高出力は197ps。
    拡大
サスペンションは、フロントがマクファーソンストラットで、リアがダブルウィッシュボーン式。「高級セダンの走り」を追求したという。
サスペンションは、フロントがマクファーソンストラットで、リアがダブルウィッシュボーン式。「高級セダンの走り」を追求したという。
    拡大

違いのわかるパワートレイン

ガソリンの2.5リッター直4と、3.5リッターV6ははっきりと性格が違う。
まず2.5リッターは「走らない!」と文句を言うほど非力ではない。特に、低回転域でのトルクは確保されていて、走りだしは想像より軽い。けれど、特に高速道路の登り勾配では2トン超のヘビー級ボディーを動かすのにそれほど余裕は残されていない。加速が欲しい場面ではエンジン回転数がハネ上がって、室内はにぎやかになる。

一方3.5リッターは、「速いクルマ」と言っても過言ではない。組み合わされる6段ATのレスポンスが素早いこともあって、メリハリのある運転ができる。
前述したように、高速での安定感はかなりのものだから、バンバン踏める。アルファードもヴェルファイアも顔に迫力があるせいか、先行車が横っ飛びして逃げるように追い越し車線を譲ってくれた。新型アルファード/ヴェルファイアをドライブする時は、ジェントルを心がけようと誓う。

ただ、矛盾しているようだけれど、気に入ったのは2.5リッターのほうだ。鼻先が軽くて軽快な動きをするのが理由のひとつ。パワーが限られていると書いたけれど、持っている力を余さず使う工夫が楽しい。魚を頭から尻尾まで無駄なく料理した感じと言いましょうか。

静かさやパワー感など、最も上質さを感じたのはハイブリッド。やんちゃだったのが3.5リッター。そしてベーシックな2.5リッターでも満足できる。
ただしハイブリッドの「エグゼクティブラウンジ」を選ぶと700万円オーバー。値段を考えても“大空間高級サルーン”である。

2.5リッター直4搭載モデルで高速道路を行く。写真はエアロパーツを装備するグレード。バンパー両端の大型サイドポンツーンやフォグランプガーニッシュが、ノーマル車との主な識別点になる。
2.5リッター直4搭載モデルで高速道路を行く。写真はエアロパーツを装備するグレード。バンパー両端の大型サイドポンツーンやフォグランプガーニッシュが、ノーマル車との主な識別点になる。
    拡大
シリーズ唯一のV6ユニットとなる3.5リッターエンジン。280psと35.1kgmを発生する。
シリーズ唯一のV6ユニットとなる3.5リッターエンジン。280psと35.1kgmを発生する。
    拡大
ガソリンエンジン車のエアロパーツ装着車に備わる、18インチアルミホイール。他のグレードは16インチ、または17インチのホイールが組み合わされる。
ガソリンエンジン車のエアロパーツ装着車に備わる、18インチアルミホイール。他のグレードは16インチ、または17インチのホイールが組み合わされる。
    拡大
1列目、2列目に自然に座れるスペースを確保したうえで3列目に腰かけたところ。身長180cmの筆者でも足を組むことができた。写真はアームレストを出した状態だが、この3列目の定員は3人となっている。
1列目、2列目に自然に座れるスペースを確保したうえで3列目に腰かけたところ。身長180cmの筆者でも足を組むことができた。写真はアームレストを出した状態だが、この3列目の定員は3人となっている。
    拡大
横並びに3人まで座れる、8人乗り仕様車の2列目ベンチシート。座面のチップアップ機構が備わっているため、大きく前方にスライドさせてラゲッジスペースをかせぐことができる。(写真をクリックするとシートアレンジの様子が見られます)
横並びに3人まで座れる、8人乗り仕様車の2列目ベンチシート。座面のチップアップ機構が備わっているため、大きく前方にスライドさせてラゲッジスペースをかせぐことができる。(写真をクリックするとシートアレンジの様子が見られます)
    拡大

中の仕掛けに驚くばかり

最後になってしまったけれど、パッケージングはさすが日本のお家芸、よく練られている。
まず床が低くて、ステップの位置も地面から350mmと低いから2列目シート以降への乗り降りがしやすい。スライドドアの開口部も、こんなに開くんだと驚くほど広い。
荷室床下収納スペースの使い勝手や、ハネ上げ式の3列目シートの扱いやすさなどなど、どこもよくできている。

中でも驚いたのが、助手席のスーパーロングスライドシートという「フラッシュローリングサンダー」的に大げさなネーミングのスライド機構だ。助手席が1160mmも後方にスライドする、と書いてもなんのことだかわかりませんが、助手席が2列目シートの位置まで下がると書けばそのハンパないスライド量がわかるだろう。
この状態で助手席に座ると、眼前には使っても使い切れないほどのスペースが出現する。「スーパーロングスライドシート」は決して誇大表現ではなかった。

先に書いたように2列目シートより1列目のほうが乗り心地がいい。したがって、このクルマの特等席は助手席で、「エグゼクティブラウンジ」は助手席に設定してもよかったのではないかと思えた。

ただし、運転席に座って、助手席を一番後ろに下げて座られると、隣に誰もいないバスの運転手さんの悲哀を感じることになる。もしファミリーカーとして使う場合、夫婦仲の悪化につながりかねない、危険なデバイスである。

というわけで、新型アルファード/ヴェルファイアは全方位的に隙のない仕上がりで、あらためて日本人は籠の末裔(まつえい)であるミニバン作りに長(た)けていると納得した。
クルマという小さな空間をミクロコスモスにしてもてなす感覚は、駕籠や茶室にも通じる(かな?)。
以前、イタリア人の知人が日本に来て、宅配ピザの屋根付きスクーターを見て「日本人はスゴい! あれをイタリアに持って帰る!」と騒いでいた。
アルファード/ヴェルファイアもせっかくの日本の武器なのだから、欧米に出して反応を聞いてみたい。

(文=サトータケシ/写真=田村 弥)

「ヴェルファイア ハイブリッド車 エグゼクティブラウンジ」のカットモデル。薄型の燃料タンク(中央フロア下)や省スペースなリアサスペンション(写真右奥)、そして、それらによってもたらされた、フラットな床面の様子がよくわかる。
「ヴェルファイア ハイブリッド車 エグゼクティブラウンジ」のカットモデル。薄型の燃料タンク(中央フロア下)や省スペースなリアサスペンション(写真右奥)、そして、それらによってもたらされた、フラットな床面の様子がよくわかる。
    拡大
「助手席スーパーロングスライドシート」の使用例。写真は助手席側スライドドア開口部からの光景で、手前に見えるのが助手席である。同機能は、ガソリンエンジン車の一部グレードに用意される。
「助手席スーパーロングスライドシート」の使用例。写真は助手席側スライドドア開口部からの光景で、手前に見えるのが助手席である。同機能は、ガソリンエンジン車の一部グレードに用意される。
    拡大
荷室の様子。50:50分割式の3列目シートを左右に跳ね上げ、さらに2列目シートを前方へとスライドさせることで、容量を拡大できる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
荷室の様子。50:50分割式の3列目シートを左右に跳ね上げ、さらに2列目シートを前方へとスライドさせることで、容量を拡大できる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
    拡大
カーナビに付帯する安全装備として用意される「シースルービュー」の表示画面。あたかも車体を透かして見たかのような映像により、運転者に死角の情報を提供する。あわせて、車体を俯瞰(ふかん)したような画像を用いた「ムービングビュー」も利用できる。(写真=トヨタ自動車 クリックすると表示バリエーションが見られます)
カーナビに付帯する安全装備として用意される「シースルービュー」の表示画面。あたかも車体を透かして見たかのような映像により、運転者に死角の情報を提供する。あわせて、車体を俯瞰(ふかん)したような画像を用いた「ムービングビュー」も利用できる。(写真=トヨタ自動車 クリックすると表示バリエーションが見られます)
    拡大

トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】の画像 拡大
トヨタ・アルファード ハイブリッド車 エグゼクティブラウンジ
トヨタ・アルファード ハイブリッド車 エグゼクティブラウンジ
    拡大

テスト車のデータ

トヨタ・アルファード ハイブリッド車 エグゼクティブラウンジ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4915×1850×1950mm
ホイールベース:3000mm
車重:2220kg
駆動方式:4WD
エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:CVT
エンジン最高出力:152ps(112kW)/5700rpm
エンジン最大トルク:21.0kgm(206Nm)/4400-4800rpm
フロントモーター最高出力:143ps(105kW)
フロントモーター最大トルク:27.5kgm(270Nm)
リアモーター最高出力:68ps(50kW)
リアモーター最大トルク:14.2kgm(139Nm)
タイヤ:(前)225/60R17 99H/(後)225/60R17 99H(ヨコハマ・ブルーアースE51)
燃費:18.4km/リッター(JC08モード)
価格:703万6691円/テスト車=703万6691円
オプション装備:なし

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:493km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

トヨタ・アルファード ガソリン車 2.5リッター G 7人乗り
トヨタ・アルファード ガソリン車 2.5リッター G 7人乗り
    拡大

トヨタ・アルファード ガソリン車 2.5リッター G 7人乗り

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4915×1850×1880mm
ホイールベース:3000mm
車重:2020kg
駆動方式:FF
エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:CVT
最高出力:182ps(134kW)/6000rpm
最大トルク:24.0kgm(235Nm)/4100rpm
タイヤ:(前)225/60R17 99H/(後)225/60R17 99H(ヨコハマ・ブルーアースE51)
燃費:12.4km/リッター(JC08モード)
価格:399万5018円/テスト車=489万1418円
オプション装備:ボディーカラー<ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク>(3万2400円)/アイドリングストップ機構+蓄冷エバポレーター<フロント>(5万6160円)/スマートエントリー+プッシュスタートシステム+スマートキー2個+ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能+パワーバックドア<挟み込み防止機能付き>(5万4000円)/アクセサリーコンセント(8640円)/T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム+ITSスポット対応DSRCユニット+ESPO対応+インテリジェントパーキングアシスト2<巻き込み警報機能+バックガイドモニター付き>+インテリジェントクリアランスソナー(56万1600円)/12.1型リアシートエンターテインメントシステム<VTR入力端子、HDMI入力端子付き>(18万3600円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:487km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

トヨタ・アルファード ガソリン車 3.5リッター SA 7人乗り
トヨタ・アルファード ガソリン車 3.5リッター SA 7人乗り
    拡大

トヨタ・アルファード ガソリン車 3.5リッター SA 7人乗り

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4935×1850×1880mm
ホイールベース:3000mm
車重:2070kg
駆動方式:FF
エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ
トランスミッション:6AT
最高出力:280ps(206kW)/6200rpm
最大トルク:35.1kgm(344Nm)/4700rpm
タイヤ:(前)235/50R18 97V/(後)235/50R18 97V(トーヨー・トランパスR30)
燃費:9.5km/リッター(JC08モード)
価格:414万5237円/テスト車=497万4677円
オプション装備:ツインムーンルーフ<フロントチルト&リア電動スライド+挟み込み防止機能付き>(11万8800円)/プリクラッシュセーフティーシステム<ミリ波レーダー方式>+レーダークルーズコントロール<全車速追従機能付き>+インテリジェントクリアランスソナー+T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム+ITSスポット対応DSRCユニット+ESPO対応+パノラミックビューモニター<左右確認サポート+シースルービュー機能付き>(70万2000円)/アクセサリーコンセント(8640円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:582km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

トヨタ・ヴェルファイア ガソリン車 3.5リッター VL 7人乗り
トヨタ・ヴェルファイア ガソリン車 3.5リッター VL 7人乗り
    拡大

トヨタ・ヴェルファイア ガソリン車 3.5リッター VL 7人乗り

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4930×1850×1935mm
ホイールベース:3000mm
車重:2090kg
駆動方式:FF
エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ
トランスミッション:6AT
最高出力:280ps(206kW)/6200rpm
最大トルク:35.1kgm(344Nm)/4700rpm
タイヤ:(前)225/60R17 99H/(後)225/60R17 99H(ヨコハマ・ブルーアースE51)
燃費:9.5km/リッター(JC08モード)
価格:484万2327円/テスト車=577万4367円
オプション装備:プリクラッシュセーフティーシステム<ミリ波レーダー方式>+レーダークルーズコントロール<全車速追従機能付き>+インテリジェントクリアランスソナー(7万5600円)/T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム+ITSスポット対応DSRCユニット+ESPO対応+インテリジェントパーキングアシスト2<巻き込み警報機能+バックガイドモニター付き>(56万1600円)/12.1型リアシートエンターテインメントシステム<VTR入力端子、HDMI入力端子付き>(18万3600円)/盗難防止システム+DCM+ルーフアンテナ<シャークフィンタイプ>(7万7760円)/寒冷地仕様(3万3480円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:624km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

 

関連キーワード:
アルファードヴェルファイアトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事