第7回:エントリーモデルで味わう異国情緒
輸入車チョイ乗りリポート~アンダー400万円編~

2015.02.26 特集
 

輸入車は限られた人のための特別なクルマ? いやいや。最新のコンパクトワゴンや刺激的なスポーツハッチバックなど、ちょっと背伸びすれば手の届く価格帯の中にも、魅力的なクルマはたくさんあるのだ。

フィアット500S
 
 
 

驚きが詰まってる
フィアット500S……225万7200円

「最近のクルマはつまらない」「家電のようで味がない」なんて、ため息ついてるクルマ好きに、一度は試してほしいクルマ。笑顔になること、請け合いですから!

専用パーツがおごられた、“カッコかわいい”エクステリア。ドアを開ければ、鮮やかなブルーがさらに気分を盛り上げる。見ているだけでもワクワクするけど、一番のうまみは、小さな2気筒エンジンと5段MTの組み合わせにある。

有機的な振動を伴う、875ccターボの「ツインエア」。それを「ブーン!!」と回しつつ、シフトレバーをかき回せば、街中/高速/峠を問わず、運転だけに集中できる。“遊びに夢中な子供”のように。
1010kgの車重に対して、最大トルクは14.8kgm/1900rpm。元気のよさは、推して知るべし。“S”の名前はだてじゃないのだ。

そんな仕様の「フィアット500」が日本に初めて入ってきたのは、2012年夏のこと(で、即完売)。以後、カタログモデルになってからというもの、ますます高まる人気には、インポーターも驚いているという。
「マニア以外にも、響く要素があるのかな?」
そう思ってカタログを見れば、なんと、燃費がとてもいい。JC08モードで、26.6km/リッター。これは、6種類ある500の中でも、最高にして唯一の値だ(ほかは19.4~24.0km/リッター)。
しかも、エアバッグは標準で7つ。パーソナルな相棒を選ぶなら、こんないいヤツそうそういない! と思いますが、どうでしょう?

(文=webCG 関/写真=峰 昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Bクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2015」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る