第7回:エントリーモデルで味わう異国情緒
輸入車チョイ乗りリポート~アンダー400万円編~

2015.02.26 特集
 

輸入車は限られた人のための特別なクルマ? いやいや。最新のコンパクトワゴンや刺激的なスポーツハッチバックなど、ちょっと背伸びすれば手の届く価格帯の中にも、魅力的なクルマはたくさんあるのだ。

フィアット500S
フィアット500S
 
第7回:エントリーモデルで味わう異国情緒輸入車チョイ乗りリポート~アンダー400万円編~の画像
 
第7回:エントリーモデルで味わう異国情緒輸入車チョイ乗りリポート~アンダー400万円編~の画像
 
第7回:エントリーモデルで味わう異国情緒輸入車チョイ乗りリポート~アンダー400万円編~の画像

驚きが詰まってる
フィアット500S……225万7200円

「最近のクルマはつまらない」「家電のようで味がない」なんて、ため息ついてるクルマ好きに、一度は試してほしいクルマ。笑顔になること、請け合いですから!

専用パーツがおごられた、“カッコかわいい”エクステリア。ドアを開ければ、鮮やかなブルーがさらに気分を盛り上げる。見ているだけでもワクワクするけど、一番のうまみは、小さな2気筒エンジンと5段MTの組み合わせにある。

有機的な振動を伴う、875ccターボの「ツインエア」。それを「ブーン!!」と回しつつ、シフトレバーをかき回せば、街中/高速/峠を問わず、運転だけに集中できる。“遊びに夢中な子供”のように。
1010kgの車重に対して、最大トルクは14.8kgm/1900rpm。元気のよさは、推して知るべし。“S”の名前はだてじゃないのだ。

そんな仕様の「フィアット500」が日本に初めて入ってきたのは、2012年夏のこと(で、即完売)。以後、カタログモデルになってからというもの、ますます高まる人気には、インポーターも驚いているという。
「マニア以外にも、響く要素があるのかな?」
そう思ってカタログを見れば、なんと、燃費がとてもいい。JC08モードで、26.6km/リッター。これは、6種類ある500の中でも、最高にして唯一の値だ(ほかは19.4~24.0km/リッター)。
しかも、エアバッグは標準で7つ。パーソナルな相棒を選ぶなら、こんないいヤツそうそういない! と思いますが、どうでしょう?

(文=webCG 関/写真=峰 昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Bクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2015」の過去記事リストへ
関連記事
  • メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.10.15 試乗記 「メルセデス・ベンツAクラス」で初のハイパフォーマンスモデル「A45 AMG 4MATIC」に試乗。0-100km/h加速4.6秒、車両価格640万円の“コンパクトハッチ”が持つ、本当の価値とは?
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • メルセデス・ベンツA250シュポルト 4MATIC(4WD/7AT)/メルセデスAMG A45 4MATIC(4WD/7AT)【海外試乗記】 2015.10.8 試乗記 デビューからはや3年が経過した「メルセデス・ベンツAクラス」がマイナーチェンジを受けた。快適性とダイナミックさという相対する要素を同時に高めたという最新型の実力やいかに? 日本での発売に先んじて、本国ドイツで試乗した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツA250シュポルト 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2016.2.5 試乗記 フルモデルチェンジから3年にして大幅な改良が施されたメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバックモデル「Aクラス」。200psオーバーのターボエンジンとフルタイム4WDを組み合わせた「A250シュポルト 4MATIC」に試乗し、その進化の度合いを確かめた。
ホームへ戻る