「フィアット500C ミモザ」40台限定で発売

2015.02.25 自動車ニュース
「フィアット500C ミモザ」
「フィアット500C ミモザ」

「フィアット500C ミモザ」40台限定で発売

FCAジャパンは2015年2月25日、特別仕様車「フィアット500C Mimosa(ミモザ)」を発表した。同年3月8日から40台限定で販売する。

 
バックドア右側には、オリジナルエンブレムが添えられる。
バックドア右側には、オリジナルエンブレムが添えられる。
今回の「フィアット500C ミモザ」は、イタリアで3月8日が「Festa della Donna(フェスタ・デラ・ドンナ)=女性に感謝の意を表す日」となっていることにちなんで、設定された。
今回の「フィアット500C ミモザ」は、イタリアで3月8日が「Festa della Donna(フェスタ・デラ・ドンナ)=女性に感謝の意を表す日」となっていることにちなんで、設定された。

フィアット500C ミモザは、イタリアで「女性への感謝の意を表す」とされる花、ミモザをイメージしたという限定車。ミモザの香り(フレグランス)とオリジナルエンブレムを添えることで、その世界観を演出している。

ベースとなるのは、875cc 2気筒ターボに5段AT「デュアロジック」を組み合わせる「500C ツインエア ラウンジ」(271万800円)。上記特別装備を加えながらベース車よりも安い、250万5600円という価格もセリングポイントとなっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.21 試乗記 フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……279万円

    「500」シリーズに加わった、2気筒ターボの「ツインエア」。ECOとFUNは両立するのか? オープンモデルでその走りを試した。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2009.10.16 試乗記 フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)
    ……289.0万円

    「フィアット500」にスライディングルーフ式のキャンパストップを備えた「500C」。イタリア車らしい、愛嬌たっぷりのオープンモデルにスーザン史子が試乗した。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る