マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ(プロトタイプ)(4WD/6AT)

雪道にワクワクできる 2015.03.04 試乗記 ところは北海道のテストコース。マツダの新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」を備えた試乗車がずらりと並ぶ中に、何やら見慣れぬ顔が混じっていることに気がついた。新しい小型クロスオーバー車「CX-3」だ。マツダの新世代AWD車雪上試乗リポートの1回目は、まずはCX-3に焦点を当てる。

出そろった新世代AWD

なるほどこういうことだったのか。新世代AWD車取材会と銘打った雪上試乗会にはちょっと不都合なほど晴れ上がった北海道士別市郊外のテストコース。まぶしく輝く雪の上に勢ぞろいしたマツダの新世代AWDモデルを見て腑(ふ)に落ちた。普段だったら、「新しいクルマの隅々まで納得してもらえるまでは帰しませんよ」というぐらいの熱意としつこさ(?)で迫ってくるのがマツダの試乗会なのに、昨年末の「アテンザ」と「CX-5」のビッグマイナーチェンジの際にはそれほど熱さを感じなかったこと(もちろんマツダ社内比で、個人的尺度です)を少々不思議に思っていたのだ。とりわけアテンザについては、4WDモデルは初登場であり、しかもユニークなディーゼルエンジン搭載のステーションワゴンが新設定されていたにもかかわらず、4WDシステムそのものについては淡泊というか、それほど言及なくサラリと流していた印象を感じていたのだ。

ところがその舞台裏では、2012年に発売されたCX-5を皮切りに、スカイアクティブ・テクノロジーを採用して順次デビューした新世代モデルのAWD車をまとめて体験させようという試乗会の準備が進んでいた、と勝手に納得した。ちなみにマツダは単なる4WDではなく適切に4輪の駆動力をコントロールするという意味でAWD(All Wheel Drive)という言葉にこだわり、またスカイアクティブ・テクノロジーを導入したモデルのAWDシステムを「i-ACTIV AWD」という名称に統一したという。

マツダの新しい4WDシステム「i-ACTIV AWD」は「デミオ」から「CX-5」まで、同社の新世代モデル(5車種)すべてに設定されている。「CX-3」は向かって右から2台目。
マツダの新しい4WDシステム「i-ACTIV AWD」は「デミオ」から「CX-5」まで、同社の新世代モデル(5車種)すべてに設定されている。「CX-3」は向かって右から2台目。
ボディーの外寸は4275×1765×1550mm。全高はタワーパーキングを考慮して1550mmに抑えられた。
ボディーの外寸は4275×1765×1550mm。全高はタワーパーキングを考慮して1550mmに抑えられた。
ドライバーが運転に集中できる空間であることに加え、上質感の表現がインテリアのテーマ。ドライバーのアイポイント高は「デミオ」より50mm高い約1250mm。
ドライバーが運転に集中できる空間であることに加え、上質感の表現がインテリアのテーマ。ドライバーのアイポイント高は「デミオ」より50mm高い約1250mm。

マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ(プロトタイプ)(4WD/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】NEW 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
ホームへ戻る