マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ(プロトタイプ)(4WD/6AT)

雪道にワクワクできる 2015.03.04 試乗記 ところは北海道のテストコース。マツダの新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」を備えた試乗車がずらりと並ぶ中に、何やら見慣れぬ顔が混じっていることに気がついた。新しい小型クロスオーバー車「CX-3」だ。マツダの新世代AWD車雪上試乗リポートの1回目は、まずはCX-3に焦点を当てる。

出そろった新世代AWD

なるほどこういうことだったのか。新世代AWD車取材会と銘打った雪上試乗会にはちょっと不都合なほど晴れ上がった北海道士別市郊外のテストコース。まぶしく輝く雪の上に勢ぞろいしたマツダの新世代AWDモデルを見て腑(ふ)に落ちた。普段だったら、「新しいクルマの隅々まで納得してもらえるまでは帰しませんよ」というぐらいの熱意としつこさ(?)で迫ってくるのがマツダの試乗会なのに、昨年末の「アテンザ」と「CX-5」のビッグマイナーチェンジの際にはそれほど熱さを感じなかったこと(もちろんマツダ社内比で、個人的尺度です)を少々不思議に思っていたのだ。とりわけアテンザについては、4WDモデルは初登場であり、しかもユニークなディーゼルエンジン搭載のステーションワゴンが新設定されていたにもかかわらず、4WDシステムそのものについては淡泊というか、それほど言及なくサラリと流していた印象を感じていたのだ。

ところがその舞台裏では、2012年に発売されたCX-5を皮切りに、スカイアクティブ・テクノロジーを採用して順次デビューした新世代モデルのAWD車をまとめて体験させようという試乗会の準備が進んでいた、と勝手に納得した。ちなみにマツダは単なる4WDではなく適切に4輪の駆動力をコントロールするという意味でAWD(All Wheel Drive)という言葉にこだわり、またスカイアクティブ・テクノロジーを導入したモデルのAWDシステムを「i-ACTIV AWD」という名称に統一したという。

マツダの新しい4WDシステム「i-ACTIV AWD」は「デミオ」から「CX-5」まで、同社の新世代モデル(5車種)すべてに設定されている。「CX-3」は向かって右から2台目。
マツダの新しい4WDシステム「i-ACTIV AWD」は「デミオ」から「CX-5」まで、同社の新世代モデル(5車種)すべてに設定されている。「CX-3」は向かって右から2台目。
ボディーの外寸は4275×1765×1550mm。全高はタワーパーキングを考慮して1550mmに抑えられた。
ボディーの外寸は4275×1765×1550mm。全高はタワーパーキングを考慮して1550mmに抑えられた。
ドライバーが運転に集中できる空間であることに加え、上質感の表現がインテリアのテーマ。ドライバーのアイポイント高は「デミオ」より50mm高い約1250mm。
ドライバーが運転に集中できる空間であることに加え、上質感の表現がインテリアのテーマ。ドライバーのアイポイント高は「デミオ」より50mm高い約1250mm。

マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ(プロトタイプ)(4WD/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る