マツダ・ロードスター プロトタイプ(FR/6MT)

基本は変わらない 2015.03.10 試乗記 ライトウェイト・スポーツカーの原点へ回帰した4代目「マツダ・ロードスター」。その走りは、操ることの楽しさに満ちていた。伊豆のクローズドコースでプロトタイプのステアリングを握った。

FRの原体験がよみがえる

それは必死のバイトで手に入れて青春を共に過ごした「ハチロク」や「シルビア」でもいい。もっとさかのぼれば、父親から譲ってもらった家の「サニー」や「ランサー」を思い出してもらってもいい。

話はなにも、初代ロードスター「NA6CE」の再来というだけではない。免許をとって間もない頃、最も新鮮で濃い思い出を紡いだクルマがハンディーなFRだった――そういう世代にとって、新しいロードスターは恐ろしい魅力を備えている。クラッチをつないだ瞬間、よみがえる感動は何にも代えようがない。他人、いや、他車のコピーを借りれば「好きになるのに、1秒もいらない」というやつだ。

一般的なプロダクションレベルで実現した1トンのFRが、今、どれほどの価値を持つか。そんなことは、読者の皆さんには説明の必要もないだろう。
何のためらいもなくスッと路面をつかんで爽やかに蹴りだすその振る舞いは、同重量のFFとも、倍以上の出力のスポーツカーとも違う。このマスと駆動輪との絶妙な関係があってこそ醸し出せるものだ。
それはもちろん、奇跡の惑星直列ではない。まず目標とする重量があり、次に必要なパワーを想定し、それを成立させるための剛性や要件を担保しながら、考えうるあらゆるファクターを削りぬいてたどり着く、練りに練りこまれた周到なものである。

試乗の舞台は静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンター。量産前のプロトタイプに試乗した。
試乗の舞台は静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンター。量産前のプロトタイプに試乗した。
「人馬一体」の走りの実現は、初代「ロードスター」から続く不変のテーマ。新型では従来モデルと比較して100kg以上の軽量化を目指すという。車重の目標値は1000kg。
「人馬一体」の走りの実現は、初代「ロードスター」から続く不変のテーマ。新型では従来モデルと比較して100kg以上の軽量化を目指すという。車重の目標値は1000kg。
タイヤサイズは標準が16インチ。オプションで17インチが用意される。
タイヤサイズは標準が16インチ。オプションで17インチが用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る