「水野和敏的視点」 vol.89 メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(前編)

2015.02.27 mobileCG
 
「水野和敏的視点」 vol.89 メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.89 メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏。そんな氏が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くすのが『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回はメルセデス・ベンツのラグジュアリークーペ「S65 AMGクーペ」に試乗する。

 
「水野和敏的視点」 vol.89 メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(前編)の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.89 メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(前編)の画像
メルセデス・ベンツS65 AMG クーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5045×1915×1425mm/ホイールベース:2945mm/車重:2170kg/駆動方式:FR/エンジン:6リッターV12 SOHC 36バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:630ps/4800-5400rpm/最大トルク:102.0kgm/2300-4300rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:3120万円
メルセデス・ベンツS65 AMG クーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5045×1915×1425mm/ホイールベース:2945mm/車重:2170kg/駆動方式:FR/エンジン:6リッターV12 SOHC 36バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:630ps/4800-5400rpm/最大トルク:102.0kgm/2300-4300rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:3120万円

3120万円のフラッグシップクーペ

今回はメルセデス・ベンツの豪華な大型クーペ「Sクラスクーペ」を取り上げます。以前はSクラスと切り離して「CLクラス」を呼ばれていましたが、2014年に新型が発売されるにあたり、「Sクラスクーペ」の名前が復活しました。公的なクルマの頂点が「Sクラスセダン」だとしたら、パーソナルユースの極みが「Sクラスクーペ」というわけです。

日本には、4.7リッターV8ツインターボエンジン(455ps、71.3kgm)搭載の四輪駆動モデルである「S550 4MATICクーペ」、5.5リッターV8ツインターボ(585ps、91.8kgm)の「S63 AMG 4MATICクーペ」、6リッターV12ツインターボ(630ps、102.0kgm)を積む「S65 AMGクーペ」がラインナップされます。価格は、順に1690万円、2400万円、そして3120万円。今回のテスト車は、6リッター12気筒のS65 AMGクーペです。

早速、運転席に着いてみます。まず目につくのは、横長なメーターナセルの下に並ぶ大きな液晶ディスプレイ。言うまでもなく、メーター類やナビゲーションシステムの地図、車両情報などが表示されます。

見るからに先進的な装備ではありますが、ちょっと残念なのが、ディスプレイの枠が単なる黒い樹脂であること。汎用(はんよう)品でパーツのコストもまだ高いということは、もちろん理解できます。でもこれは、3000万円を超えるぜいたくなパーソナルカーなのです。例えばインテリアのパネル類に合わせてコーディネートされていたら、どんなに素晴らしいことでしょう。少しもったいない気がします。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る