「水野和敏的視点」 vol.89 メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(前編)

2015.02.27 mobileCG
 
「水野和敏的視点」 vol.89 メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.89 メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏。そんな氏が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くすのが『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回はメルセデス・ベンツのラグジュアリークーペ「S65 AMGクーペ」に試乗する。

 
「水野和敏的視点」 vol.89 メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(前編)の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.89 メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(前編)の画像
メルセデス・ベンツS65 AMG クーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5045×1915×1425mm/ホイールベース:2945mm/車重:2170kg/駆動方式:FR/エンジン:6リッターV12 SOHC 36バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:630ps/4800-5400rpm/最大トルク:102.0kgm/2300-4300rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:3120万円
メルセデス・ベンツS65 AMG クーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5045×1915×1425mm/ホイールベース:2945mm/車重:2170kg/駆動方式:FR/エンジン:6リッターV12 SOHC 36バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:630ps/4800-5400rpm/最大トルク:102.0kgm/2300-4300rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:3120万円

3120万円のフラッグシップクーペ

今回はメルセデス・ベンツの豪華な大型クーペ「Sクラスクーペ」を取り上げます。以前はSクラスと切り離して「CLクラス」を呼ばれていましたが、2014年に新型が発売されるにあたり、「Sクラスクーペ」の名前が復活しました。公的なクルマの頂点が「Sクラスセダン」だとしたら、パーソナルユースの極みが「Sクラスクーペ」というわけです。

日本には、4.7リッターV8ツインターボエンジン(455ps、71.3kgm)搭載の四輪駆動モデルである「S550 4MATICクーペ」、5.5リッターV8ツインターボ(585ps、91.8kgm)の「S63 AMG 4MATICクーペ」、6リッターV12ツインターボ(630ps、102.0kgm)を積む「S65 AMGクーペ」がラインナップされます。価格は、順に1690万円、2400万円、そして3120万円。今回のテスト車は、6リッター12気筒のS65 AMGクーペです。

早速、運転席に着いてみます。まず目につくのは、横長なメーターナセルの下に並ぶ大きな液晶ディスプレイ。言うまでもなく、メーター類やナビゲーションシステムの地図、車両情報などが表示されます。

見るからに先進的な装備ではありますが、ちょっと残念なのが、ディスプレイの枠が単なる黒い樹脂であること。汎用(はんよう)品でパーツのコストもまだ高いということは、もちろん理解できます。でもこれは、3000万円を超えるぜいたくなパーソナルカーなのです。例えばインテリアのパネル類に合わせてコーディネートされていたら、どんなに素晴らしいことでしょう。少しもったいない気がします。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
ホームへ戻る