第94回:銀行強盗は教習所教官のマスタングにおまかせ!
『ドライブ・ハード』

2015.02.27 エッセイ

映画史に残るクルマが登場

クルマ映画でテッパンのモデルといえば、多くの人が最初に思い浮かべるのが「フォード・マスタング」だろう。『男と女』では、ジャン=ルイ・トランティニアンがクーペでモンテカルロラリーを走り、プライベートではコンバーチブルでアヌーク・エーメをエスコートした。『ブリット』にはカーチェイスの古典となった名シーンがある。サンフランシスコの坂道で「ダッジ・チャージャー」と死闘を繰り広げる10分間は、映画史にさんぜんと輝く。『60セカンズ』でニコラス・ケイジが“エレノア”と名づけていた最高のクルマというのは、「シェルビー・マスタングGT500」だった。

この連載でも、『デイブレイカー』『ドライヴ』『ニード・フォー・スピード』『フルスロットル』『ゲッタウェイ スーパースネーク』などの作品で何度も登場している。1964年に登場した初代モデルは、コンパクトなサイズとスポーティーなスタイルがベビーブーマーの間で人気となり、“T型フォード以来”と言われるほどのヒットを記録した。「シボレー・カマロ」「ダッジ・チャレンジャー」などが後に続き、ポニーカーというジャンルを形成することになる。

マスタングにはキャロル・シェルビーの手がけたハイパワー仕様も追加され、マッスルカーの代表として強いアメリカの象徴的な存在となっていく。その後オイルショックや排ガス規制で冬の時代を迎えるが、2005年に登場した6代目は初代を思わせるスタイルとなって復活を印象づけた。アメリカ人にとっては、今も誇りを持ってストーリーを語れるクルマなのだ。

今回紹介する『ドライブ・ハード』には、「燃えよマスタング!」というキャッチコピーが付けられている。アメリカの魂が爆走する映画に違いない。

© 2013 ODYSSEY FILM STUDIOS AUSTRALIA PTY LTD.
© 2013 ODYSSEY FILM STUDIOS AUSTRALIA PTY LTD.
「フォード・マスタング」
1964年に発売され、豊富なオプションを用意したフルチョイスシステムで人気となった。ポニーカーと呼ばれるジャンルを確立し、日本のスペシャルティーカーにも影響を与えたと言われる。50周年を迎えた昨年、7代目となる新型が発表された。(写真は2代目)
「フォード・マスタング」
    1964年に発売され、豊富なオプションを用意したフルチョイスシステムで人気となった。ポニーカーと呼ばれるジャンルを確立し、日本のスペシャルティーカーにも影響を与えたと言われる。50周年を迎えた昨年、7代目となる新型が発表された。(写真は2代目)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。