日産、2015年はモータースポーツに一段と注力【SUPER GT 2015】

2015.02.28 自動車ニュース
発表会場でのフォトセッションから。日産系チームの監督およびドライバー。
発表会場でのフォトセッションから。日産系チームの監督およびドライバー。

【SUPER GT 2015】日産、2015年はモータースポーツに一段と注力

2015年2月28日、日産自動車とそのモータースポーツ活動を担うニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(以下、ニスモ)は、2015年のモータースポーツ活動計画に関する発表会を開催した。

会場に並べられた、SUPER GT参戦マシン(手前:GT500クラス/奥:GT300クラス)。
会場に並べられた、SUPER GT参戦マシン(手前:GT500クラス/奥:GT300クラス)。
2015年シーズンの参戦計画について説明する、ニスモの宮谷正一社長。「SUPER GTに関しては、“これまでで一番”といえる布陣。敵は日産勢の中にあると思っています」。
2015年シーズンの参戦計画について説明する、ニスモの宮谷正一社長。「SUPER GTに関しては、“これまでで一番”といえる布陣。敵は日産勢の中にあると思っています」。
ルマンを含む7つの耐久レースに参戦する、WECマシン「GT-R LM NISMO」のイメージ。リアよりフロントの方が幅広いホイールを含め、FFの駆動方式がもたらす独特な姿が目を引く。
ルマンを含む7つの耐久レースに参戦する、WECマシン「GT-R LM NISMO」のイメージ。リアよりフロントの方が幅広いホイールを含め、FFの駆動方式がもたらす独特な姿が目を引く。
2014年シーズンのSUPER GT GT500クラスでチャンピオンとなった松田次生選手。「今年は、ここにいるみんなが自分をやっつけにくるでしょうが、負けないようがんばります」。
2014年シーズンのSUPER GT GT500クラスでチャンピオンとなった松田次生選手。「今年は、ここにいるみんなが自分をやっつけにくるでしょうが、負けないようがんばります」。
今年2月8日に「GT-R NISMO GT3」で豪州バサースト12時間を制しファンをわかせた、千代勝正選手。今季はSUPER GTのGT300クラスにも出走する。
今年2月8日に「GT-R NISMO GT3」で豪州バサースト12時間を制しファンをわかせた、千代勝正選手。今季はSUPER GTのGT300クラスにも出走する。

■活動の場をさらに拡大

昨年に続き、日産のモータースポーツ活動計画発表会は、横浜にあるグローバル本社ギャラリーで開催された。活動計画の内容自体は、すでに明らかにされているものの、今回あらためて、ファンに対して関係者が直接メッセージを伝える場として、発表の場が設けられた。

冒頭のあいさつに立ったニスモの宮谷正一社長は、同社の設立30周年にあたる2014年を振り返りつつ「(SUPER GTのGT500クラスで優勝するなど)昨シーズン好成績を残せたのはよかった。それに甘んじることなく挑戦を続けます」と力強くコメント。
これまでのレース活動に加えて、FIA世界耐久選手権(WEC)の最高峰カテゴリーLMP1クラスに、FF車のレーシングカー「GT-R LM NISMO」で参戦することや(関連ニュース)、「日産GT-R NISMO GT3」で「ブランパン耐久シリーズ」のプロクラスに初めてエントリーすることなど、今シーズン海外で広がる活動計画について説明した。

国内では、これまでと同様、SUPER GTのGT500クラスとGT300クラスそれぞれに、「GT-R」で参戦する。
昨年新たな車両規則が採用されたGT500クラスは、今年はレギュレーションに変化がないものの、チャンピオンマシンとなった2014年仕様をベースにパワートレインの耐久性向上や空力性能のアップ、車体の軽量化を図り、さらに戦闘力を高めたという。

参戦チームとドライバーは、以下の通り。
・NISMO:松田次生/ロニー・クインタレッリ
・TEAM IMPUL:安田裕信/J.P・デ・オリベイラ
・KONDO RACING:ルーカス・オルドネス(第1戦~第3戦)/ミハエル・クルム(第4戦~第8戦)/佐々木大樹
・MOLA:本山 哲/柳田真孝
基本的に2014年と変わらないメンバーだが、KONDO RACINGについては、ミハエル・クルムがWEC車両の開発に専念するため、3戦までをルーカス・オルドネスが担うことになる。

GT300クラスは、そのオルドネスに代わる高星明誠と星野一樹のコンビでNDDP RACING with B-MAXから「GT-R NISMO GT3」でエントリー。ブランパン耐久シリーズを戦う千代勝正も、GAINERからGT-R NISMO GT3で出走する。

会場では、GT500の日産系チーム総監督を務める柿元邦彦氏が、全チームを代表してあいさつ。「昨年はややバタバタしてしまったが、今年の準備は順調そのものです。ただ勝利するのではなく、美しく戦って、美しく勝ちたい」と、勝利への自信をのぞかせた。

2015年のSUPER GTが開幕するのは、4月5日。以降、11月までの全8戦でタイトルが争われる。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。