PSAプジョーシトロエン取締役兼アジア事業本部長のグレゴワール・オリヴィエ氏。
シトロエン、DSシリーズ3台を出展【東京モーターショー2011】

シトロエン、DSシリーズ3台を出展

プジョー・シトロエン・ジャポンは、2011年11月30日に開幕した第42回東京モーターショーのシトロエンブースに、「DS5」「DS4」「DS3 Racing(レーシング)」の3台を出展した。

シトロエンブースでは「DS5」が日本で初公開された。
シトロエン、DSシリーズ3台を出展【東京モーターショー2011】

今回シトロエンは展示内容をDSシリーズに絞った。プジョーとの合同カンファレンスで登壇したPSAプジョーシトロエン取締役兼アジア事業本部長のグレゴワール・オリヴィエ氏は、「日本初披露となるDS5は、内外装ともにプレミアムラインであるDSシリーズのフラッグシップにふさわしいデザインをまとった。日本での発売は来年半ばを予定している」と説明。また、限定車として販売されたDS3レーシングについて、「日本への割り当て分が40台だったのに対し、100台もの受注があり、あわてて増産しているところ」と明かした。

カンファレンスでは、9月にプジョー・シトロエン・ジャポンの社長に就任した上野国久氏も登壇。「シトロエンもプジョーと同様にアジア市場での販売は好調で、とりわけ日本市場では一昨年1400台、昨年2400台、今年ここまで3100台と、年々台数を伸ばすことができた。来年は4000台を目指す」と語った。

(文と写真=塩見智)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。