マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)

ヨーロッパの価値観で磨かれたクルマ 2015.03.12 試乗記 デビューから2年を経て大幅な改良を受けた「マツダ・アテンザ」。新グレードの「XDプロアクティブ」に試乗し、その進化の度合いを確かめた。

垣間見えるクルマ作りの姿勢

以前、プレミアムカーブランドに所属するあるデザイナーからこんな話を聞いたことがある。
「大抵の場合、マイナーチェンジの予算はそのモデルで稼いだ利益が原資になります。だから、売れていないモデルはマイナーチェンジの予算も不足気味で、大規模な改修ができません。反対に、売れているモデルならマイナーチェンジでさらにいいクルマにすることができるのです」
もちろん、すべてのメーカーに彼らと同じ原則があてはめられるわけではなく、あるモデルをテコ入れするためならほかのモデルで稼いだ利益をつぎ込むメーカーだってあるだろうし、逆にもうかったからといってその利益を必ず次のマイナーチェンジに投入するとは限らない。もうけたらもうけっぱなし。それを積み重ねて巨額な利益を計上する自動車メーカーだってなきにしもあらずだ。

そんな姿勢を「ケシカラン!」と頭ごなしに否定するつもりはないけれど、もうかった利益をふんだんにつぎ込んで「価値のあるマイナーチェンジ」をしてくれる自動車メーカーのほうがわれわれユーザーにとってはありがたいし、ブランドに対する愛着も深まる。

で、今回はマイナーチェンジを受けたアテンザがテーマだけれど、新型がどのくらいよくなったかはおいおい説明するとして、感心させられるのがマツダの姿勢である。なにしろ、ほんの数年前まで彼らは立て続けに赤字を計上していたのだ。だから、スカイアクティブでもうかったら、それを懐にしまって財務状態を改善したいと思うのが普通だろう。
ところが、彼らは攻めに打って出た。一定の利益は確保したうえで、さらに「いいクルマを作ろう」としているのだ。いくら、マツダが「一括企画」という考え方を打ち出し、中短期のモデルチェンジ計画を定めているとはいえ、計画どおりに利益を上げて充実したマイナーチェンジを実施するのは容易なことではない。そうした困難を乗り越え、あくまでも「いいクルマを作ろう」とする姿勢があればこそ、いまのマツダは運転好きのドライバーから強く支持されているのだろう。そして、今回のマイナーチェンジでマツダはその姿勢をいっそう明確にしたのだといえる。

大幅な改良を受け、2015年1月に発売された「マツダ・アテンザ」。新たに設定された「プロアクティブ」は、「アダプティブLEDヘッドライト」や「レーンキープ・アシスト・システム」などが標準装備された、中間グレードである。
大幅な改良を受け、2015年1月に発売された「マツダ・アテンザ」。新たに設定された「プロアクティブ」は、「アダプティブLEDヘッドライト」や「レーンキープ・アシスト・システム」などが標準装備された、中間グレードである。
インテリアではインストゥルメントパネルまわりのデザインを一新。インフォテインメントシステムには、「アクセラ」から導入を進めている「マツダコネクト」が新たに採用された。
インテリアではインストゥルメントパネルまわりのデザインを一新。インフォテインメントシステムには、「アクセラ」から導入を進めている「マツダコネクト」が新たに採用された。
「マツダコネクト」に搭載されるカーナビゲーション機能については、新たに日本製のシステムを採用(既存のマツダコネクトのものはハンガリー製)。使い勝手が大幅に向上した。
「マツダコネクト」に搭載されるカーナビゲーション機能については、新たに日本製のシステムを採用(既存のマツダコネクトのものはハンガリー製)。使い勝手が大幅に向上した。
予防安全に関する機能・装備の強化も今回のマイナーチェンジのトピック。緊急自動ブレーキやAT誤発進抑制制御機能が後進時にも作動するようになったほか、自車の後方だけでなく、側方から接近する車両も検知する「ブラインド・スポット・モニタリング」が新たに採用された。
予防安全に関する機能・装備の強化も今回のマイナーチェンジのトピック。緊急自動ブレーキやAT誤発進抑制制御機能が後進時にも作動するようになったほか、自車の後方だけでなく、側方から接近する車両も検知する「ブラインド・スポット・モニタリング」が新たに採用された。

マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る