右からチーバくん、ヌゥ、ノルフィン。
「紙レーサー」で最速マシンをデザインしよう!

「紙レーサー」で最速マシンをデザインしよう!

モーターショーはクルマのお祭りです。ワールドプレミアの新車以外にも、楽しいイベントがいっぱい。西3ホールでは、大人も子供も遊べるブースが待っています。

デザインしたクルマの絵をスキャナーで取り込んでデジタルなレースカーに変換。
「紙レーサー」で最速マシンをデザインしよう!
コース上に各マシンが並び、いざスタート!
「紙レーサー」で最速マシンをデザインしよう!

西3ホールの入り口では、着ぐるみのゆるキャラがお出迎え。「9都県あおぞらネットワーク」のエコドライブキャンペーンで、参加都県のゆるキャラが日替わりで登場します。千葉県のチーバくん、さいたま市のヌゥ、川崎市のノルフィンなどが、エコな運転を呼びかけています。もちろん、一緒に写真を撮るのもOKですよ。

そのすぐ横には、リコーのブースで「紙レーサー」のグランプリを開催中。紙レーサーって何? これ、紙飛行機のように折って作るんじゃなくて、紙に自分の好きな形のクルマを描くだけなんです。色とりどりのペンで、カラーリングもお好みのままに。それをスキャナーで読み取ると、壁のモニターにマシンが現れるというわけ。形や色をコンピューターが解析して、パワーやコーナリングスピードを決定します。

一斉にスタートして、コースを3周。スピードを出し過ぎると、スピンしてコースアウトすることもあります。優勝すると、そのマシンの絵は壁に張り出されるという栄誉が。ちなみに、レーシングカー然としたクルマより、のほほんとした形のクルマのほうが速かったりするようですよ。

(文=鈴木真人)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。