“Sクラス顔”の「Cクラス」台数限定で発売

2015.03.06 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド」
「メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド」

“Sクラス顔”の「メルセデス・ベンツCクラス」、台数限定で発売

メルセデス・ベンツ日本は2015年3月6日、セダン「Cクラス」に特別仕様車「C200 Exclusive Line Limited(エクスクルーシブライン リミテッド)」を設定し、同年3月下旬に590台限定で発売すると発表した。


“Sクラス顔”の「Cクラス」台数限定で発売の画像
本革仕様車(内装色:クリスタルグレー)のインテリア。
本革仕様車(内装色:クリスタルグレー)のインテリア。
本革仕様車(内装色:ブラック)のインテリア。
本革仕様車(内装色:ブラック)のインテリア。
こちらは、3種類の素材を用いたコンビシート仕様。カラーはブラック。
こちらは、3種類の素材を用いたコンビシート仕様。カラーはブラック。

“Sクラス顔”の「Cクラス」台数限定で発売の画像

C200エクスクルーシブライン リミテッドは、専用装備で内外装がドレスアップされた特別仕様車。3本のルーバーからなるラジエータグリルとスリーポインテッドスターのボンネットマスコットが与えられるなど、上級サルーン「Sクラス」を思わせるフロントデザインが特徴となっている。

インテリアは、専用デザインのシートを採用。表皮は本革のほか、ファブリック/レザーARTICO/レザーDINAMICAの3種類の素材を組み合わせた仕様も用意される。
快適性を高めるAGILITY CONTROLサスペンションや、運転支援システムのパッケージオプションが備わるのもセリングポイントだ。

主な特別装備は以下の通り。

・専用フロントデザイン(スリーポインテッドスターマスコット、グリル、バンパー)
・専用17インチマルチスポークアルミホイール
・専用シート
・専用レザーARTICOダッシュボード
・専用カーペット
・パークトロニック
・アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)
・シートヒーター(前席)
<以下、本革仕様車のみ>
・ヘッドアップディスプレイ
・自動開閉トランクリッド
・ハンズフリーアクセス(トランク自動開閉機能)
・メモリー付きパワーシート(助手席)
・電動ランバーサポート(助手席)
・エアバランスパッケージ(空気清浄機能、パフュームアトマイザー付き)

価格および販売台数は、ポーラーホワイトのボディーカラーとブラックの内装を組み合わせる「ファブリック×レザーARTICO×レザーDINAMICAのコンビシート仕様」が560万円(190台限定)。
本革仕様は610万円で、ボディーカラーはカバンサイトブルー(内装色はクリスタルグレー、100台限定)とポーラーホワイト(同ブラック、300台限定)の2タイプがラインナップされる。

(webCG)

関連キーワード:
Cクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド(本革仕様)(FR/7AT)【試乗記】 2015.6.18 試乗記 上級サルーン「Sクラス」に似たフロントデザインを持つ、「メルセデス・ベンツCクラス」の特別限定車に試乗。果たしてそれは、1台で2種類のドライブフィーリングが得られるという、“ふたつの顔を持つクルマ”だった。
  • メルセデス・ベンツC180アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.9.24 試乗記 内外装ともエレガントで華やかに生まれ変わった「メルセデス・ベンツCクラス」。新型もこれまでどおりドイツ車の、いや世界のコンパクトクラスの模範たりえるか。シリーズの中核的存在「C180アバンギャルド」に乗って考えた。
  • メルセデス・ベンツC180アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.9.30 試乗記
  • メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.4 試乗記