“Sクラス顔”の「Cクラス」台数限定で発売

2015.03.06 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド」
「メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド」

“Sクラス顔”の「メルセデス・ベンツCクラス」、台数限定で発売

メルセデス・ベンツ日本は2015年3月6日、セダン「Cクラス」に特別仕様車「C200 Exclusive Line Limited(エクスクルーシブライン リミテッド)」を設定し、同年3月下旬に590台限定で発売すると発表した。


“Sクラス顔”の「Cクラス」台数限定で発売の画像
本革仕様車(内装色:クリスタルグレー)のインテリア。
本革仕様車(内装色:クリスタルグレー)のインテリア。
本革仕様車(内装色:ブラック)のインテリア。
本革仕様車(内装色:ブラック)のインテリア。
こちらは、3種類の素材を用いたコンビシート仕様。カラーはブラック。
こちらは、3種類の素材を用いたコンビシート仕様。カラーはブラック。

“Sクラス顔”の「Cクラス」台数限定で発売の画像

C200エクスクルーシブライン リミテッドは、専用装備で内外装がドレスアップされた特別仕様車。3本のルーバーからなるラジエータグリルとスリーポインテッドスターのボンネットマスコットが与えられるなど、上級サルーン「Sクラス」を思わせるフロントデザインが特徴となっている。

インテリアは、専用デザインのシートを採用。表皮は本革のほか、ファブリック/レザーARTICO/レザーDINAMICAの3種類の素材を組み合わせた仕様も用意される。
快適性を高めるAGILITY CONTROLサスペンションや、運転支援システムのパッケージオプションが備わるのもセリングポイントだ。

主な特別装備は以下の通り。

・専用フロントデザイン(スリーポインテッドスターマスコット、グリル、バンパー)
・専用17インチマルチスポークアルミホイール
・専用シート
・専用レザーARTICOダッシュボード
・専用カーペット
・パークトロニック
・アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)
・シートヒーター(前席)
<以下、本革仕様車のみ>
・ヘッドアップディスプレイ
・自動開閉トランクリッド
・ハンズフリーアクセス(トランク自動開閉機能)
・メモリー付きパワーシート(助手席)
・電動ランバーサポート(助手席)
・エアバランスパッケージ(空気清浄機能、パフュームアトマイザー付き)

価格および販売台数は、ポーラーホワイトのボディーカラーとブラックの内装を組み合わせる「ファブリック×レザーARTICO×レザーDINAMICAのコンビシート仕様」が560万円(190台限定)。
本革仕様は610万円で、ボディーカラーはカバンサイトブルー(内装色はクリスタルグレー、100台限定)とポーラーホワイト(同ブラック、300台限定)の2タイプがラインナップされる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
ホームへ戻る