“Sクラス顔”の「Cクラス」台数限定で発売

2015.03.06 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド」
「メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド」
    拡大

“Sクラス顔”の「メルセデス・ベンツCクラス」、台数限定で発売

メルセデス・ベンツ日本は2015年3月6日、セダン「Cクラス」に特別仕様車「C200 Exclusive Line Limited(エクスクルーシブライン リミテッド)」を設定し、同年3月下旬に590台限定で発売すると発表した。


“Sクラス顔”の「Cクラス」台数限定で発売の画像 拡大
本革仕様車(内装色:クリスタルグレー)のインテリア。
本革仕様車(内装色:クリスタルグレー)のインテリア。
    拡大
本革仕様車(内装色:ブラック)のインテリア。
本革仕様車(内装色:ブラック)のインテリア。
    拡大
こちらは、3種類の素材を用いたコンビシート仕様。カラーはブラック。
こちらは、3種類の素材を用いたコンビシート仕様。カラーはブラック。
    拡大

“Sクラス顔”の「Cクラス」台数限定で発売の画像 拡大

C200エクスクルーシブライン リミテッドは、専用装備で内外装がドレスアップされた特別仕様車。3本のルーバーからなるラジエータグリルとスリーポインテッドスターのボンネットマスコットが与えられるなど、上級サルーン「Sクラス」を思わせるフロントデザインが特徴となっている。

インテリアは、専用デザインのシートを採用。表皮は本革のほか、ファブリック/レザーARTICO/レザーDINAMICAの3種類の素材を組み合わせた仕様も用意される。
快適性を高めるAGILITY CONTROLサスペンションや、運転支援システムのパッケージオプションが備わるのもセリングポイントだ。

主な特別装備は以下の通り。

・専用フロントデザイン(スリーポインテッドスターマスコット、グリル、バンパー)
・専用17インチマルチスポークアルミホイール
・専用シート
・専用レザーARTICOダッシュボード
・専用カーペット
・パークトロニック
・アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)
・シートヒーター(前席)
<以下、本革仕様車のみ>
・ヘッドアップディスプレイ
・自動開閉トランクリッド
・ハンズフリーアクセス(トランク自動開閉機能)
・メモリー付きパワーシート(助手席)
・電動ランバーサポート(助手席)
・エアバランスパッケージ(空気清浄機能、パフュームアトマイザー付き)

価格および販売台数は、ポーラーホワイトのボディーカラーとブラックの内装を組み合わせる「ファブリック×レザーARTICO×レザーDINAMICAのコンビシート仕様」が560万円(190台限定)。
本革仕様は610万円で、ボディーカラーはカバンサイトブルー(内装色はクリスタルグレー、100台限定)とポーラーホワイト(同ブラック、300台限定)の2タイプがラインナップされる。

(webCG)

関連キーワード:
Cクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.6.29 試乗記 4代目になってから5年目、「メルセデス・ベンツCクラス」が大幅改良。外観の変化は少ないが、パワーユニットはガソリン・ディーゼルともに一新。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4ボディーすべてのモデルにルクセンブルグで試乗した。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.30 試乗記 ワゴンボディーをまとう「ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ」のトップパフォーマンスモデルに試乗。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高速304km/hを誇る、その走りとは? 標準ボディーとの比較も合わせてリポートする。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る