メルセデス・ベンツS550 4MATIC クーペ(4WD/7AT)

浮世を忘れるクルマ 2015.03.09 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップクーペ「Sクラス クーペ」に試乗。「モダンラグジュアリー&インテリジェンス」をコンセプトに掲げる2ドアモデルは、どんな走りを見せるのか? シリーズ中最も廉価な、1690万円(!)の「S550 4MATIC クーペ」で吟味した。

まるで貴婦人

メルセデス・ベンツS550 4MATIC クーペに対面した瞬間、これはベンツではなくメルセデスと呼びたいと思った。あくまでイメージの話であるけれど、強くて、硬くて、ゴワゴワしていて、威張っているベンツではなく、優しくて、柔らかくて、しなやかで、気品のあるメルセデスだという印象を受けたのだ。押し出しの強さではなく、美しさで勝負しようとしているデザインが、そんなことを思わせる。
恥ずかしながら第一印象の直感は大抵ハズレるタイプであるけれど、今回ばかりは当たった。いざ乗ってみても、貴婦人のようなクルマだったのだ。

ここ最近、「Sクラス」をベースにしたクーペを「SEC」や「CL」と呼んできたメルセデス・ベンツが、久しぶりに「Sクラス クーペ」の名称を復活させた。今回試乗したのは、4.7リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンにフルタイム四駆システムを組み合わせた、メルセデス・ベンツS550 4MATIC クーペである。

全長5mを超えるボディーが馬鹿デカく見えないのは、洗練されたデザイン処理のたまものだろう。キュッと引き締まって見える。特にルーフからテールランプにかけてのつるんとしたラインが、撫(な)でたくなるぐらいきれいだ。撫でたいと思ったら撫でても許されるのが、クルマのいいところである。

試乗車には、パッケージオプションのスワロフスキークリスタルヘッドランプが装備されていた。「47個ものスワロフスキークリスタルをヘッドランプの左右それぞれに配置した」と聞けば、ケバい顔つきを想像する。けれども実車を見ると、上品なアクセントとなっていることがわかる。

有機的な曲線を描くダッシュボードが特徴となっているインテリアの意匠は、基本的には「Sクラス セダン」と共通。ただしカタログを見るかぎり、インテリアの色によってビジネスライクなトーンからラグジュアリー路線まで、かなり雰囲気が変わる。
インテリアのカラーコーディネートで頭を悩ますのは、オーナーに与えられた特権的な楽しみだ。

メルセデス・ベンツのフラッグシップクーペに「Sクラス」の名が添えられるのは18年ぶりのこと。今回のテスト車「S550 4MATIC クーペ」は、国内では2014年10月に発売。2015年1月にデリバリーが開始された。


	メルセデス・ベンツのフラッグシップクーペに「Sクラス」の名が添えられるのは18年ぶりのこと。今回のテスト車「S550 4MATIC クーペ」は、国内では2014年10月に発売。2015年1月にデリバリーが開始された。

「S550 4MATIC クーペ」のリアビュー。「スリークなルーフラインとワイドなリアエンドなどにより、究極のクーペフォルムを実現した」とされる。ホイールベースは、セダンの「Sクラス」より90mm短い2945mm。


	「S550 4MATIC クーペ」のリアビュー。「スリークなルーフラインとワイドなリアエンドなどにより、究極のクーペフォルムを実現した」とされる。ホイールベースは、セダンの「Sクラス」より90mm短い2945mm。
テスト車はオプションの「スワロフスキークリスタルヘッドランプ」を装備していた。片側あたり、ウインカー用の30個とポジショニングライト用の17個、合計47個のクリスタルが用いられている。
テスト車はオプションの「スワロフスキークリスタルヘッドランプ」を装備していた。片側あたり、ウインカー用の30個とポジショニングライト用の17個、合計47個のクリスタルが用いられている。
セダンの「Sクラス」と同様に、曲線基調でデザインされるインテリア。ただし「Sクラス クーペ」の方が、より起伏にとんだ面構成となっている。
セダンの「Sクラス」と同様に、曲線基調でデザインされるインテリア。ただし「Sクラス クーペ」の方が、より起伏にとんだ面構成となっている。
運転席まわりの様子。メーターパネルの左側、エアコン吹き出し口の上方には、各種運転システムのスイッチが整然と並ぶ。
運転席まわりの様子。メーターパネルの左側、エアコン吹き出し口の上方には、各種運転システムのスイッチが整然と並ぶ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす当企画。今回も引き続き「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅なスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!
ホームへ戻る