第10回:おめでとう! DS誕生60周年
インポーターに聞きました~シトロエン&DS編~

2015.03.06 特集

DSが新ブランドとして独立!? シトロエンの「あのクルマ」はホントに日本に来るの? シトロエンとDSの気になるあれこれを、2015年に導入が予定されるニューモデルの情報とともにお届けする。

試乗会場に並んだシトロエンの試乗車。手前から「C3」「C4ピカソ」「グランドC4ピカソ」。
試乗会場に並んだシトロエンの試乗車。手前から「C3」「C4ピカソ」「グランドC4ピカソ」。
2014年10月に発表された「DS 5」の特別仕様車「Faubourg Addict(フォーブール アディクト)」。35台の限定で発売された。
2014年10月に発表された「DS 5」の特別仕様車「Faubourg Addict(フォーブール アディクト)」。35台の限定で発売された。
2013年の東京モーターショーに出展された「シトロエン・グランドC4ピカソ」。
2013年の東京モーターショーに出展された「シトロエン・グランドC4ピカソ」。
いたるところに個性的なアイデアが盛り込まれたコンパクトクロスオーバーの「シトロエンC4カクタス」。気になる人は、昨年公開の海外試乗記をご覧あれ。
いたるところに個性的なアイデアが盛り込まれたコンパクトクロスオーバーの「シトロエンC4カクタス」。気になる人は、昨年公開の海外試乗記をご覧あれ。
今回お話をうかがった、プジョー・シトロエン・ジャポンの城 和寛さん。
今回お話をうかがった、プジョー・シトロエン・ジャポンの城 和寛さん。
城さんいわく「DSは今年で誕生60周年。ぜひ注目していてください」。
城さんいわく「DSは今年で誕生60周年。ぜひ注目していてください」。

新ブランド「DS」がいよいよ始動

――昨年(2014年1~12月)の日本市場における販売状況はいかがでしたか? またシトロエン、DSにとってどのような年になりましたか?

シトロエン、DSともに前半は苦戦を強いられましたが、後半はフルモデルチェンジや限定車などの投入で少し盛り返しました。またグローバルなお話をさせていただくと、秋にDSが新ブランドとして独立したことが大きなトピックといえるでしょう。

――DSブランドを独立させた狙いは、どこにあるのでしょうか?

ご存じの通り、本国フランスでも、これまでDSはシトロエンの中の派生ブランドという位置にありました。ただ、訴求したい価値もお客さまの層も、両者は大きく異なっていたんです。シトロエンのクルマは、開放的でカジュアルで、シンプルな中にもアイデアを感じられることが魅力です。一方DSでは、パリのエッセンスを感じさせるラグジュアリーさを大切にしてきました。それならば、それぞれをより際立たせた方がお客さまも分かりやすいのではないかという考えがあり、DSを独立させることになりました。

すでに各国のモーターショーでは、シトロエンとDSは別々にプレスカンファレンスを行っています。もちろん今年の東京モーターショーにも、PSAからは「プジョー」「シトロエン」「DS」の3つのブランドで参加させていただきます。

――いまオススメのモデルはどれですか? シトロエン、DSそれぞれでお答えください。

シトロエンですと10月に発売した「C4ピカソ」と「グランドC4ピカソ」でしょうか。DSでは「DS 5」の「Foubourg Addict(フォーブール アディクト)」という限定モデルがイチオシです。

――今年導入を予定しているモデルにはどのようなものがありますか?

シトロエンではパワートレインを刷新した「C4」が夏前にデビューする予定です。DSですと、今回のJAIA試乗会でお披露目させていただいた「DS 3」のフェイスリフトモデルを導入。「DS 4」やDS 5も、順次パワートレインやデザインを変更する予定です。

――「シトロエンC4カクタス」の導入予定はありますか?

現在検討を進めているところです。保安基準や環境性能、カーナビゲーションシステムなど、C4カクタスを日本に導入するにあたっては解決しなければならない課題が山積しておりますので。ただ、このクルマが日本のマーケットに必要な存在であることは本社でも理解されています。私どもとしてもぜひ期待したいのですが。

――新型車の導入以外に、注目すべき取り組みなどは?

今年はDSの誕生から60周年の年に当たり、フランスでは5月に記念行事が行われる予定です。日本でもイベントを催したいと考えておりますので、ぜひご期待ください。

――全国の『webCG』読者に一言お願いします!

シトロエンの2015年のキーワードは「CITROËN SKY」。明るく開放的なシトロエンのラインナップをお楽しみに。また、シトロエンから独立したDSは、今年生誕60周年を迎えます。ジュエリーのような輝きを放つラグジュアリーなプロダクトにぜひご注目を!

(インタビューとまとめ=webCG 堀田剛資/写真=峰 昌宏、プジョー・シトロエン・ジャポン、webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2015」の過去記事リストへ