第11回:「ガイシャ濃度」が急上昇!
輸入車チョイ乗りリポート~400万円から500万円編~

2015.03.10 JAIA輸入車試乗会2015

「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に「フォード・マスタング」と、この価格帯なら「憧れだったあの一台」も夢ではない。インポートカー濃度がぐっと高まる400万~500万円のモデルの中で、webCG編集部が注目したのがこちらだ。

性能と効率
フォルクスワーゲン・ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION……446万1000円

「ライストゥン」いうグレード名、どこかの米どころにある自治体が作ったゆるキャラみたいな名前だが、「性能」「効率」を意味するドイツ語だ。
ただでさえ性能・効率に背広を着せたみたいなフォルクスワーゲンが、わざわざライストゥンと名付けたのだから期待も高まる。

「ティグアン」の4WDモデルはこの2年間ほど、派手めなルックスの「2.0 TSI R-Line 4MOTION」しかラインナップされておらず、「普通の4WD」は久しぶりの復活なのである。
つまりシンプルで実直な4WDのティグアンを欲していた人にとっては「待ってました!」に違いない。そういった事情もあってのライストゥンというネーミングなのだろう。

以前試乗した1.4リッターターボ+FF(前輪駆動)の「TSIブルーモーションテクノロジー」がとても好印象で、「これで十分だ」と思ったのだが、やはり2リッターターボの余裕ある走りは魅力的。4MOTIONの実力については、春のような日差しがそそいでいたこの日に確かめることはできなかったが、言うまでもなく積雪地域で暮らす人にとって走破性は基本性能だ。
いかにもフォルクスワーゲン然とした内装も、「遊びグルマ」としてのSUVと考えれば物足りないとも言えるが、純粋に道具としてSUVを使いたい人には、好意的に受け取られるのではないだろうか。
「ちゃんとした人のためのちゃんとしたクルマ」だなというのが乗り終えての印象だった。

(文=工藤考浩/写真=峰 昌宏)

フォルクスワーゲン・ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION
フォルクスワーゲン・ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION
 
第11回:「ガイシャ濃度」が急上昇!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から500万円編~の画像
 
第11回:「ガイシャ濃度」が急上昇!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から500万円編~の画像
 
第11回:「ガイシャ濃度」が急上昇!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から500万円編~の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
ホームへ戻る