第11回:「ガイシャ濃度」が急上昇!
輸入車チョイ乗りリポート~400万円から500万円編~

2015.03.10 JAIA輸入車試乗会2015

「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に「フォード・マスタング」と、この価格帯なら「憧れだったあの一台」も夢ではない。インポートカー濃度がぐっと高まる400万~500万円のモデルの中で、webCG編集部が注目したのがこちらだ。

性能と効率
フォルクスワーゲン・ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION……446万1000円

「ライストゥン」いうグレード名、どこかの米どころにある自治体が作ったゆるキャラみたいな名前だが、「性能」「効率」を意味するドイツ語だ。
ただでさえ性能・効率に背広を着せたみたいなフォルクスワーゲンが、わざわざライストゥンと名付けたのだから期待も高まる。

「ティグアン」の4WDモデルはこの2年間ほど、派手めなルックスの「2.0 TSI R-Line 4MOTION」しかラインナップされておらず、「普通の4WD」は久しぶりの復活なのである。
つまりシンプルで実直な4WDのティグアンを欲していた人にとっては「待ってました!」に違いない。そういった事情もあってのライストゥンというネーミングなのだろう。

以前試乗した1.4リッターターボ+FF(前輪駆動)の「TSIブルーモーションテクノロジー」がとても好印象で、「これで十分だ」と思ったのだが、やはり2リッターターボの余裕ある走りは魅力的。4MOTIONの実力については、春のような日差しがそそいでいたこの日に確かめることはできなかったが、言うまでもなく積雪地域で暮らす人にとって走破性は基本性能だ。
いかにもフォルクスワーゲン然とした内装も、「遊びグルマ」としてのSUVと考えれば物足りないとも言えるが、純粋に道具としてSUVを使いたい人には、好意的に受け取られるのではないだろうか。
「ちゃんとした人のためのちゃんとしたクルマ」だなというのが乗り終えての印象だった。

(文=工藤考浩/写真=峰 昌宏)

フォルクスワーゲン・ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION
フォルクスワーゲン・ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION 拡大
 
第11回:「ガイシャ濃度」が急上昇!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から500万円編~の画像 拡大
 
第11回:「ガイシャ濃度」が急上昇!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から500万円編~の画像 拡大
 
第11回:「ガイシャ濃度」が急上昇!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から500万円編~の画像 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る